*

撮影現場で自慰行為をしているAV監督の二村ヒトシさん

出演者が興奮していないAVはダメ AV監督の二村ヒトシさんは、もともとはAV男優でした。この仕事を始めた理由はとてもシンプル。根がスケベで、お金をもらってセックスしたかったからです。それで二村さ

続きを見る

自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

春画は当時の情報誌の側面も併せ持っていた 江戸の町は、たびたび大火で焼かれたため、人々は、極めて刹那主義的でした。一寸先は闇だからこそ、人々は、折々の雪月花を楽しみ、歌を歌い、酒を飲み、享楽に浸

続きを見る

江戸時代のおおらかなセックス感の象徴「春画」

傑作春画が次々生み出されることになった 春画とは、性の営みを描いた浮世絵の総称です。我が国の春画の歴史は古く、奈良時代の法隆寺金堂の天井にも、当時描かれたと思われる、エロティックな落書きが残って

続きを見る

セックスを失わずにいれば人生が満ち足りたものになる

セックスは、生き物に与えられた極めて自然な行為 高齢者のうち、「セックスレス派」と「死ぬまでセックス派」のどちらが多いかといえば、東京大学名誉教授で医学博士の石川隆俊先生の調査は後者が大半を占め

続きを見る

60歳を超える年代では本当にしているのか

どれだけの人がセックスをしているのか 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」や「死ぬほどセックス」という特集が、たびたび組まれているのを目にします。週刊誌としては、話題になることが本来の目的で

続きを見る

前立腺肥大症の改善とEDの改善は同じアプローチ。勃起改善薬を積極使用してもいい

勃起のじゃまをするPDE15 前立腺肥大症を治療するために、2014年1月から、新たに国内で認可された治療薬があります。それが、「ザルティア」です。 このザルティアを使うと、前立腺肥大とと

続きを見る

前立腺肥大がひどくなるとEDも悪化する

前立腺肥大症になっているおそれが この記事をご覧になっている男性の皆さん、次のような症状に心当たりはありませんか? ①就寝後、1回以上、トイレに起きる ②昼間、頻繁にトイレに行く

続きを見る

世界最高齢のAV男優が活躍できる秘訣は「ふくらはぎ伸ばし」

女性に対しての興味を失ってはダメ AV男優の徳田茂雄さんは、数年前、アメリカの『TIME』という雑誌の取材を受けたとき、「世界最高齢のAV男優」として紹介されました。 徳田さんはつい先日、

続きを見る

医者も勧める性力アップ食品「レバニラ妙め」

12時間前にレバニラ妙めを食べる スタミナがつくといわれているレバニラ妙めですが、より効果を高めるポイントがあります。それは、セックスの12時間前に、レバニラ妙めを食べるということです。

続きを見る

AV男優が食べる性力増強食は「レバニラ炒め」

標準サイズのほうが痛くないと好まれる 学生時代、AV男優になりたかった千葉豊さんは、志願してこの世界に入りました。最初は端役でしたが、そこから始まって30年。これまでの経験人数は、おそらく300

続きを見る

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑