*

ホルモンとはなんだろう?

体内で作られて特定の器官に作用する テレビや雑誌でよくとり上げられていて、言葉は知っていても、「ホルモン」とは何ものか知っていますか。 ホルモンは体内で分泌される化学物質で、体の各器官がス

続きを見る

週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

古い精液を排出すればガン細胞化を予防できる さて、ここまで前立腺肥大症の治療薬についてお話ししてきましたが、そもそも、そうなる前に予防に努めることが重要です。泌尿器科の専門医として、前立腺肥大の

続きを見る

週2回の射精で血流障害を防ぐ

勃起改善薬と前立腺肥大症の治療薬は全く同じ成分 通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6回ですが、もし8回以上になっているようなら、前立腺肥大を疑ってみる必要があるでしょう。特に、夜間に何

続きを見る

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病名は、大変気になるものでしょう。 この前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

続きを見る

「幸せホルモン」を分泌してセックスレスを解消!

セックスは幸せに長生きするために必要不可欠な行為 私は、どんなに長い間いっしょに暮らしていても、女性らしさを忘れないように心がけています。女性が惚れるのではなく、男性に惚れさせないと、夫婦は成立

続きを見る

ラブホテルがセックスレス解消に役に立つ

ラブホテルは互いの欲望をさらけ出せる楽園 私たち夫婦が大切にしたことは、悩ましくエッチな雰囲気を作ることです。例えば、大人のオモチャを使ったり、女性なら悩ましい下着をつけたりするのも、大事だと思

続きを見る

セックスレス解消のために活用した健康雑誌に感謝

『壮快Z』を参考にセックスレス解消に励む 私たち夫婦は、結婚生活30年めを迎えますが、現在も週に2~3回のセックスを楽しんでいます。 もちろん、これまでの長い夫婦生活、ずっと順風満帆だった

続きを見る

セックスをしていれば、男性はより健康にたくましく、女性はよりキレイで若々しくいられる

女性をほめることから始めてみる この健康雑誌だけでなく、男性向けの週刊誌にも、中高年の皆さんの間でセックスレスが広がっているということが紹介されています。それって、とても残念。女性の立場からする

続きを見る

人気AV女優かすみ果穂さんが教えてくれるテクニック

若い男性は単調なセックスに終わりがち 私は、この仕事を始めてから、今年で10周年を迎えます。これまでも、いろんな取材をお受けしてきましたけど、まじめな健康雑誌の取材は初めてなので、ちょっと緊張し

続きを見る

週1回のオナニーで新しい性の扉を開くことができる

定期的にオナニーをする習慣を取り戻しましょう 官能小説作家の睦月影郎先生は、25歳のときから「射精日記」をつけています。これまで、どんなおかずでオナニーしたか、どんな相手とセックスしたか、ずっと

続きを見る

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑