*

男性ホルモン減少対策の優先順位はストレス、運動、食事

40代が公私ともに最もストレスが多い 普段の生活の過ごし方によっても、ホルモン量は大きく違ってきますので、帝京大学医学部准教授の井手久満先生は積極的に指導しています。 一つは、できるだけス

続きを見る

30歳くらいを境に男性ホルモンが減少

男性ホルモンが多い人は薬指が人さし指より長い 女性ホルモンと違って、男性ホルモンの分泌量は人によって個人差が非常にあることが大きな特徴です。 生まれつき多い人もいれば少ない人もいますし、成

続きを見る

ショウガ入りトマトジュースはオリーブオイルをたらすとより効果的

3日間飲んでみる トマトの有効成分は、なにもリコピンだけではありません。トマトにはやはり抗酸化作用の強いビタミンCやカロチン、脳の働きを高めるアミノ酸、イライラをしずめ血圧安定にも役立つカリウム

続きを見る

ショウガ入りトマトジュースでしっかり朝立ち

ジンジャーエールを飲んだ翌朝は必ず朝立ちした 関西に住んでいる京都今出川牧瀬診療所院長の牧瀬恒平先生は、よく泊まりがけで東京へ出張をします。出張中はたいてい旧友たちと一杯飲るのですが、お酒の飲め

続きを見る

胃腸の働きを改善させて精力を回復させる

性的に元気がない人は胃や腸がよくない 精力に効果的なツボは、前回紹介した復溜(ふくりゅう)以外にもあります。 性的に元気がない人は、胃や腸の健康状態がよくないことが多いものです。そんな場合

続きを見る

男性力をアップさせる足のツボ

「性がたまる」足首の内側のツボ 東洋医学では、男性の性的機能の源は「腎(じん)」にあるとされており、精力をアップさせるツボは、腎経という経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)に属するツボが

続きを見る

下半身を鍛える「つま先立ち」のやり方

自分の体力に応じて手軽にできる つま先立ちのやり方は、とても簡単。力を抜いてらくな姿勢で立ち、足を肩幅くらいに広げ、かかとを上げ下げして、つま先で立つことをくり返すだけです。 このとき、肛

続きを見る

「つま先立ち」で姿勢筋は何歳からでも鍛えられる

下半身は運動不足に陥っている 「2本の足は2人の医者」と、古いことわざにもあるように、下半身は健康の維持・増進にとても重要です。下半身の健康は、セックス面にも大きな影響を与えます。 しかし

続きを見る

勃起のツボで男性を若返らせ大きくする

「腎」が弱ると精力も減退する 鍼灸師である吉田麻紀先生の患者さんには、40~50代の男性が多くいらっしゃいます。彼らのなかには、「尿の出が悪い」「足がしびれる」「耳が遠くなった」「髪が薄くなって

続きを見る

性力増強のお酒「ナルコユリ酒」の作り方

焼酎に漬け込み2週間で飲める ナルコユリ酒の作り方は、とても簡単です。まず、生薬を扱っている漢方薬局などで、黄精(おうせい)と大棗(たいそう)を手に入れます。そして、適当な大きさにきざんだ黄精と

続きを見る

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑