*

「 EDの原因と対策 」 一覧

週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

古い精液を排出すればガン細胞化を予防できる さて、ここまで前立腺肥大症の治療薬についてお話ししてきましたが、そもそも、そうなる前に予防に努めることが重要です。泌尿器科の専門医として、前立腺肥大の

続きを見る

週2回の射精で血流障害を防ぐ

勃起改善薬と前立腺肥大症の治療薬は全く同じ成分 通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6回ですが、もし8回以上になっているようなら、前立腺肥大を疑ってみる必要があるでしょう。特に、夜間に何

続きを見る

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病名は、大変気になるものでしょう。 この前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

続きを見る

週1回のオナニーで新しい性の扉を開くことができる

定期的にオナニーをする習慣を取り戻しましょう 官能小説作家の睦月影郎先生は、25歳のときから「射精日記」をつけています。これまで、どんなおかずでオナニーしたか、どんな相手とセックスしたか、ずっと

続きを見る

射精したくてあたりまえ!萎えたらもはやオス失格

本来の循環が断たれると、心にも体にもよくない 最近、テレビや雑誌などで、セックスレスの問題がしばしば取り上げられていますね。中高年以降、全くセックスをしなくなってしまう夫婦やカップルがたくさんい

続きを見る

前立腺肥大がひどくなるとEDも悪化する

前立腺肥大症になっているおそれが この記事をご覧になっている男性の皆さん、次のような症状に心当たりはありませんか? ①就寝後、1回以上、トイレに起きる ②昼間、頻繁にトイレに行く

続きを見る

バイアグラにもジェネリックが登場!勃起改善薬のお役立ち最新事情

ジェネリック医薬品のしくみ 皆さんは、「ジェネリック医薬品」をご存じでしょうか。最近、テレビで盛んに宣伝され、耳にしたこともあるでしょう。 ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれるもの

続きを見る

EDを克服するにはセックスに対する固定観念をうち破ることが必要

楽しんでいるようには見えなかった ソフト・オン・デマンド代表取締役の高橋がなりさんが、平成14年に素人のおじいさんとAV女優さん4人ずつを集めて、『平均71.8歳の性交』というアダルトビデオを作

続きを見る

朝立ちがしなくなったらタマネギとニンニクで男性ホルモンを活性化

EDは心筋梗塞や脳梗塞の初期症状 男性の場合、年齢を重ねるにつれて、早朝勃起、いわゆる朝立ちの回数が減少します。ここしばらくは実感がない、あるいは、あることはあるが1カ月に1回程度、という場合、

続きを見る

男根にゴムを巻いて硬さをキープできる!

動脈硬化の影響はまずペニスに現れる! 年を取ると、だんだん朝立ちすることが少なくなってきます。単純に年齢的な衰えによる場合もありますが、さらに深刻な健康上の問題を含んでいるケースも少なくありませ

続きを見る

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑