*

「 性力アップのために 」 一覧

セックスレスを解消するために時には「SM」をしてみよう

SMの概念がライトに扱われるようになっている セックスレスを解消するため、精神科医の高木希奈先生が今回勧めているのが、「SM」です。 いきなりこんなことをいうと、驚かれるかもしれませんが、

続きを見る

セックスができるというのは健康の証。脳を活性化し、前立腺肥大も予防

46歳~55歳は8日に1回 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生は、以前から年代別のセックスの回数について「9倍法」の法則を提案してきました。 ◎36歳~45歳=「40歳」 ◎46

続きを見る

女医が勧める、女性がイキやすくなる体位は「騎乗位」

男女ともセックスに対する向上心が必要 男性が自分の快感の追求に夢中になっているとき、感じたふりや演技をする女性は少なくありません。そのため、多くの男性は現状のセックスでも女性が気満ちよくなってい

続きを見る

セックスレスの解消のために寝室を改善しましょう

ハレの日を独自に演出しよう 決して仲は悪くないのに、セックスだけがない。したとしても「盆と正月」だけ、というカップルは実に多いものです。 ということは、逆にいうと「盆と正月にはどういうわけ

続きを見る

セックスレスになってしまった中高年にはラブホテルがお勧め

セックスレスやED、不感症にはラブホを活用すべし 男性力が低下し、セックスレスやED(勃起不全)や不感症などで悩んでいる人は、一度ラブホテルに行ってみてはいかがでしょうか。必ずしもセックスを目的

続きを見る

セックスの最中に「相手をその気にさせる言葉」「言ってはいけない言葉」とは

名前を呼んでもらうことがいちばんうれしい セックスにおいて、言葉というものは、非常に大きな意味を持っています。誰でも、行為の最中にいわれてうれしかった言葉、逆にショックを受けた言葉があると思いま

続きを見る

セックスレスの解消にはちょっと変わったなプレイが効果的

SMにもコスプレにも多くの人が関心がある 男性力の低下に関連して、セックスレスに悩んでいる人は数多いことでしょう。作家のマリリン満月さんのインターネットのサイトでは、セックスレスに関して、男性に

続きを見る

セックスで大事なのはテクニックより言葉

気持ちよさを決めるのは性器ではなく脳 セックスの話題になると、どうしても関心はテクニックに向いてしまいがちです。しかし、約5000人の女性とアダルトビデオで共演してAV男優の加藤鷹さんが学んだこ

続きを見る

スローセックスで濃密な快感と満足を得る

スローセックスこそがこれからの時代にふさわしい 「スローライフ」という言葉をよく耳にします。これは文字どおり、急がずゆったりとした生活を送ろうという運動、あるいはトレンドです。 セックスに

続きを見る

年をとっても無理なくでき快感が数倍に高まる「完全体位」

男性と女性とでは感じ方が違う セックスの体位は俗に「四十八手」、あるいは表裏合わせて「九十六手」あるといわれ、実にさまざまなスタイルがあります。 最もポピュラーな体位は正常位でしょう。また

続きを見る

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑