*

「 性力アップのために 」 一覧

撮影現場で自慰行為をしているAV監督の二村ヒトシさん

出演者が興奮していないAVはダメ AV監督の二村ヒトシさんは、もともとはAV男優でした。この仕事を始めた理由はとてもシンプル。根がスケベで、お金をもらってセックスしたかったからです。それで二村さ

続きを見る

自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

春画は当時の情報誌の側面も併せ持っていた 江戸の町は、たびたび大火で焼かれたため、人々は、極めて刹那主義的でした。一寸先は闇だからこそ、人々は、折々の雪月花を楽しみ、歌を歌い、酒を飲み、享楽に浸

続きを見る

江戸時代のおおらかなセックス感の象徴「春画」

傑作春画が次々生み出されることになった 春画とは、性の営みを描いた浮世絵の総称です。我が国の春画の歴史は古く、奈良時代の法隆寺金堂の天井にも、当時描かれたと思われる、エロティックな落書きが残って

続きを見る

セックスを失わずにいれば人生が満ち足りたものになる

セックスは、生き物に与えられた極めて自然な行為 高齢者のうち、「セックスレス派」と「死ぬまでセックス派」のどちらが多いかといえば、東京大学名誉教授で医学博士の石川隆俊先生の調査は後者が大半を占め

続きを見る

60歳を超える年代では本当にしているのか

どれだけの人がセックスをしているのか 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」や「死ぬほどセックス」という特集が、たびたび組まれているのを目にします。週刊誌としては、話題になることが本来の目的で

続きを見る

前立腺肥大症の改善とEDの改善は同じアプローチ。勃起改善薬を積極使用してもいい

勃起のじゃまをするPDE15 前立腺肥大症を治療するために、2014年1月から、新たに国内で認可された治療薬があります。それが、「ザルティア」です。 このザルティアを使うと、前立腺肥大とと

続きを見る

前立腺肥大がひどくなるとEDも悪化する

前立腺肥大症になっているおそれが この記事をご覧になっている男性の皆さん、次のような症状に心当たりはありませんか? ①就寝後、1回以上、トイレに起きる ②昼間、頻繁にトイレに行く

続きを見る

バイアグラにもジェネリックが登場!勃起改善薬のお役立ち最新事情

ジェネリック医薬品のしくみ 皆さんは、「ジェネリック医薬品」をご存じでしょうか。最近、テレビで盛んに宣伝され、耳にしたこともあるでしょう。 ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれるもの

続きを見る

元AV女優特性!勃起力が向上する「性力アップジュース」

AVというのは作り物 竹下ななさんは、かつてAV女優だった経験を生かし、現在はセックスカウンセラーとして、また、精力アップ研究家として活動しています。 竹下さんがセックスについての相談を受

続きを見る

声に出して読む官能小説で妄想がふくらみ興奮は高まる

無言で体をまさぐり合っています 20歳の女子大生だった内藤みかさんが、処女作『愛液研究室』で官能小説家としてデビューしたのは、平成5年のことです。 官能小説を買ったこともなければ読んだこと

続きを見る

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑