*

「 性力アップのために 」 一覧

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男性ホルモン)が減少してホルモンのバランスがくずれると、いったいどのような影響が出てくるのでしょうか。 「なんだかやる気が出な

続きを見る

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児 男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少していきます。その原因には何があるのでしょうか。 現代はストレス過多の時代。どの人も多かれ少なかれス

続きを見る

男性ホルモンとはいったい何でしょう

体だけでなく人生に影響を与える ホルモンには女性らしさ、男性らしさを作り出す「性ホルモン」があります。男性の性ホルモンはどんな働きがあるのでしょうか。 アンドロゲン(男性ホルモンのこと)の

続きを見る

ホルモンは体の中でどんな働きをしているのか

ホルモンは情報伝達をし、体の活動を維持しているのですが、具体的にはどんな働きをするのでしょうか。 ホルモンは、自分の意思で分泌するよう働きかけられません。たとえば、食事をすれば、自然に消

続きを見る

週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

古い精液を排出すればガン細胞化を予防できる さて、ここまで前立腺肥大症の治療薬についてお話ししてきましたが、そもそも、そうなる前に予防に努めることが重要です。泌尿器科の専門医として、前立腺肥大の

続きを見る

週2回の射精で血流障害を防ぐ

勃起改善薬と前立腺肥大症の治療薬は全く同じ成分 通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6回ですが、もし8回以上になっているようなら、前立腺肥大を疑ってみる必要があるでしょう。特に、夜間に何

続きを見る

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病名は、大変気になるものでしょう。 この前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

続きを見る

「幸せホルモン」を分泌してセックスレスを解消!

セックスは幸せに長生きするために必要不可欠な行為 私は、どんなに長い間いっしょに暮らしていても、女性らしさを忘れないように心がけています。女性が惚れるのではなく、男性に惚れさせないと、夫婦は成立

続きを見る

ラブホテルがセックスレス解消に役に立つ

ラブホテルは互いの欲望をさらけ出せる楽園 私たち夫婦が大切にしたことは、悩ましくエッチな雰囲気を作ることです。例えば、大人のオモチャを使ったり、女性なら悩ましい下着をつけたりするのも、大事だと思

続きを見る

セックスレス解消のために活用した健康雑誌に感謝

『壮快Z』を参考にセックスレス解消に励む 私たち夫婦は、結婚生活30年めを迎えますが、現在も週に2~3回のセックスを楽しんでいます。 もちろん、これまでの長い夫婦生活、ずっと順風満帆だった

続きを見る

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑