*

「 性力アップのために 」 一覧

男性更年期障害の治療:バイイアグラ療法

男性だけ元気になってもダメ 最近は、みなさんよくご存知の経口ED治療薬で、数年前に発売されたバイアグラも、そういう、とくに加齢のEDにたいして使われるようになり、たいへん効果があります。これは2

続きを見る

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録する装置は非常に高いものですから、もっと簡便な方法はないかというわけで、ベルト式の簡易測定装置も発表されており、夜寝る時に陰茎に巻い

続きを見る

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に採血(ホルモンの値は午前に高く、午後から低くなります)して脳下垂体からの性腺刺激ホルモン(FSHとLH)と精巣からの総テストステロ

続きを見る

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ちてきます。また、運動のいい精子と、あまり動かない精子とを見てみると、2本の線のように交差して、運動の

続きを見る

男性ホルモンが低下ししまうと生活習慣病にかかりやすくなる

命に関わる病気まで発展してしまう アンドロゲン(男性ホルモン)低下によってメタボリックシンドロームになり、その先には生活習慣病が待っています。 タバコを吸ったり、休みの日はゴロゴロとテレビ

続きを見る

メタボリックシンドロームが男性ホルモン減少の原因に

メタボリックシンドロームが重要なワケ アンドロゲン(男性ホルモン)が低下すると内臓脂肪が増えます。急にお腹まわりが出てきた人は要注意です。 メタボリックシンドロームは、体内で物質を合成した

続きを見る

朝勃ちしなくなったら精力減退の兆候あり

女性と男性の性ホルモン減退の症状はよく似ています。しかし、男性は女性と違って「精力のおとろえ」が大きな特徴です。 朝勃ちしなくなったら黄信号 ここ最近、朝勃ちが遠のいていないでしょうか。ア

続きを見る

男性ホルモン減少で起きる症状:男性更年期障害

年のせいと思われがちだが実は男性にも更年期障害あり 40~60歳代に起こるアンドロゲン(男性ホルモン)減少による体の不調を「男性更年期障害」といいます。 更年期障害と聞くと「女性の病気では

続きを見る

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候群。診断・治療を受けるには、いったい何科の病院に行けばよく、どのような治療をするのでしょうか。 LOH症候群(男性ホルモン:

続きを見る

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にともなう症状を知ったら、実際に自分のアンドロゲン量は大丈夫か確認してみましょう。 LOH症候群(

続きを見る

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑