*

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る

判断力・決断力は、ビジネスパーソンにとって必須の脳力ですが、常に瞬時の判断力・決断力が要求される職業のひとつに株式トレーダーがあります。

その株式トレーダーに関して、英・ケンブリッジ大学の臨床研究で、ちょっとユニークな調査結果があるので紹介しましょう。

ロンドンの金融街シティで働く高頻度トレーディングの株式トレーダーを対象に、「男性ホルモンレベル」と「年収」の相関関係を調査したところ、興味深い結果が出たのです。

男性ホルモン値の高いトレーダーは、そうでないトレーダーと比べて、年収にして7800万円もの差があったというのです。これは男性ホルモンの値が多い人ほど、ここぞというときに勝負に出て、大きく投資する傾向があるということ。

つまり、「男性ホルモン値が高い人ほど成功している」というわけです。

この研究は、「2D:4D比」の研究としても有名です。2D:4D比とは、右手の人さし指(2番目の指=2nd digit)と薬指(4番目の指=4th digit)の長さの比率のこと。

薬指が、人さし指に対してどれだけ長いか(人さし指の長さを薬指の長さで割った値がどれだけ低いか)が、その人の男性ホルモンレベルの指標となるというわけです。しかし、その比率にいったいどういう意味があるというのでしょうか。

じつは意外なことに、指の長さで年収に差が出るということが分かったのです。

関連記事

男性ホルモンをふやすポイント

ポイント1 週1~2回はしっかり肉を食べよう 肉類、卵、牛乳、魚介などは男性ホルモンをふやしま

記事を読む

男性更年期障害は病気と自覚できないままに放置されやすい

苦しんでいる人のほうが圧倒的に多い これまで、男性更年期障害が女性のそれほど注目されなかった理

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

中年になっても男性ホルモンの原料になる肉食が必要

男性ホルモンを増強する食べ物 男性ホルモンを増強する食べ物としてお勧めは、ニンニク、タマネギで

記事を読む

男性ホルモンをふやして「男性力」を回復

生活習慣病にも深くかかわっている 男性ホルモンには正常の基準値がありません。分泌量は加齢に伴っ

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑