*

加齢臭の原因を減らすには、野菜や果物の摂取を心がけること

公開日: : 男性更年期障害

あまり気にしすぎると、それがストレスとなってしまう

中年にさしかかるころからぽつぽつと”加齢臭”が漂い出す人が増えてきます。この加齢臭は古本やロウソク、ポマードの匂いにたとえられる独特な匂いです。

匂いのもとになるのはノネナールと呼ばれる物質で、皮膚にある皮脂腺のなかの脂肪酸の一種である9-ヘキサデセン酸が増え、過酸化脂質と反応して分解されたときに作られます。このノネナールは、年とともに量が増える傾向にありますが、個人差は大きいのです。

そして、女性の体からも分泌されていて、必ずしも男性特有なものではありません。肉類が中心の食事、飲酒、喫煙、睡眠不足、運動不足、過剰なストレスを受ける、などの生活を長年続けていると、血中のコレステロールが増加し、皮脂腺のなかの脂肪成分もたまってきます。

そうなると、皮脂腺で分解される脂肪が多くなり、その分、ノネナールの量も増えるのです。

 

 

また、過剰なストレスを受けて体内に大量に発生した活性酸素により過酸化脂質が増え、これもノネナールの増加につながります。

加齢臭対策としては、まずはこのような日常の生活習慣を改め、活性酸素を減らす効果があるビタミンCやビタミンEを多く含む野菜や果物の摂取を心がけることです。また、ノネナールは水に溶けるので、毎日入浴して皮膚から洗い落とし、皮膚に直接触れる下着やワイシャツは毎日、洗濯したものに着替えましょう。

しかし、体臭をあまり気にしすぎると、それがストレスとなって活性酸素の増加を招き、加齢臭が増えるという悪循環に陥ることにもなりかねないので注意が必要です。

関連記事

男性更年期障害の治療:バイイアグラ療法

男性だけ元気になってもダメ 最近は、みなさんよくご存知の経口ED治療薬で、数年前に発売されたバ

記事を読む

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に採血(ホルモンの値は午前に高く

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録する装置は非常に高いものですから

記事を読む

男性更年期障害について

男性にもある更年期 思春期とか更年期というと、たぶん、女性特有のものだ考えていると思います。し

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑