*

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい

勃起を自動的に記録する装置は非常に高いものですから、もっと簡便な方法はないかというわけで、ベルト式の簡易測定装置も発表されており、夜寝る時に陰茎に巻いて陰茎の太さを記録しておき、次の朝、起きた時に、何ミリずれていたかで、夜中の最大の勃起を記録できているわけです。

そういうようなことで、簡単に勃起の状態を記録できる、こういう仕組みのものですが、非常に安い装置です。こういうものを使って勃起の状態を調べると、年齢とともに勃起の状態が悪くなっていくことがわかると思います。

性機能を正確に調べるというのは非常に難しいのです。勃起の状態だけではなくて、いくつかの指標があると思いますが、性交の回数、これもいろいろ調べてみるのも大変有益です。

これまで、日本人の性交回数の年齢による変化について、いろいろと報告されていると思いますが、ここにある病院の調査した成績を示しますと、いずれのグループも、年齢とともに性交回数は減っていくということは事実です。

 

 

また、年齢と共にいわゆる勃起障害が出てきます。勃起障害のことをEDといいます。昔はインポテンス(英語)とかインポテンツ(独語)と言っていたのですが、いまはもうEDという言葉で表現されています。

このED患者がどの位いるのかこれまで判っていませんでしたが、1998年日本できちっとした疫学調査を行いました。これはわが国だけでなく全世界でどの位のED患者がいるか全くわかっていなかったので、一応全世界でいくつかのグループにわかれてEDの疫学調査をしようということになり、統計をとってみました。

その結果なんと日本には、1130万人ものEDの人がいることがわかりました。しかもそれは中等度のEDと完全EDだけで、軽度のEDは入っていません。そういうわけで、非常に多くの患者さんがいるということがわかりました。

また、年齢とともにずうっとEDが増えていきます。そのなかでも、60歳以上の人が占める率が、じつに43%で加齢とともに、EDが増加してくるということもおわかりいただけたと思います。

関連記事

イラストレーターのみうらじゅんおすすめのテクは「クンニ」

「死ぬまでセックス」できるのか? 無理に挿入しなくてもいいんじゃないでしょうか。 むろん

記事を読む

AV男優しみけん直伝!「改良版・ロールスロイス」のポイント

激しく腰を振る必要は全くない! 改良版・ロールスロイスなら、少ない負担で気持ちよさを得られるは

記事を読む

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児 男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少してい

記事を読む

藤田紀子さんの若さを保つ秘訣は常に美と健康のために努力すること

健康で若々しい体を維持する努力は惜しまない やりたいことを続けるためにも、若々しく健康な体が必

記事を読む

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑