*

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる

午前8時から11時の間に採血(ホルモンの値は午前に高く、午後から低くなります)して脳下垂体からの性腺刺激ホルモン(FSHとLH)と精巣からの総テストステロンと遊離テストステロンを測定します。

問診やホルモンの測定の結果から、男性更年期障害かどうかの診断をしますが、先に述べた男性更年期障害の症状の中で、男性が最も気にするのは陰茎の勃起力ですので、ここでは加齢に伴う勃起機能の変化や勃起機能障害を中心にお話しします。

性機能をどうやって調べるかというこについてですが、人間には夜中のレム睡眠という睡眠が、一晩に4~5回あります。その時勃起が起こります。

しかしわれわれは眠っていますので自分の陰茎が勃起しているかどうか判らないので、この夜中の勃起(NPT)の状態を記録するための器械もあります。それはアメリカのリジスキャンという商品名で売られているものですが、非常に高価な器械です。

 

 

日本でも専門の施設ではだいぶ普及していますが、丸くなったワイヤーを陰茎の先端部と根元の部分に装着して、夜中のレム睡眠に一致してみられる勃起を自動的に記録します。

これ全体で数百万円します。そういうわけで、なかなか買えるものではないのです。アメリカに行くと1/3で買えるのですが、日本ではちょっと高い器械です。

これを装着して、夜中に勃起が起こるかどうか、ということをみるわけです。それと年齢との関係をみると、その勃起力の状態をみるのにいいわけです。

日中、たとえば奥さんと性行為をする時には、いろいろな心理的な影響を受けます。ですから、正確な勃起の状態が記録できないのです。寝ている時は、われわれ知らないうちに勃起が勝手に起こっているのですから、それを記録するのが一番客観的なわけです。

以上のような装置でNPTを計測してみますと、見事に勃起の状態が年齢とともに悪くなってくることがわかります。

関連記事

年をとっても無理なくでき快感が数倍に高まる「完全体位」

男性と女性とでは感じ方が違う セックスの体位は俗に「四十八手」、あるいは表裏合わせて「九十六手

記事を読む

「愛のエキスサプリ」には代表的な強精素材が11種類もぎっしり

すべてが天然成分 「愛のエキスサプリ」を切らしたことがないという森田さんですが、それもうなずけ

記事を読む

使えば使うほど、性機能の低下を遅らせることができる

性力の廃用性萎縮 年を取るにつれて、体の機能は徐々に衰えて行きます。しかも、使っていない体の機

記事を読む

男性ホルモンが低下ししまうと生活習慣病にかかりやすくなる

命に関わる病気まで発展してしまう アンドロゲン(男性ホルモン)低下によってメタボリックシンドロ

記事を読む

ラブホテルがセックスレス解消に役に立つ

ラブホテルは互いの欲望をさらけ出せる楽園 私たち夫婦が大切にしたことは、悩ましくエッチな雰囲気

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑