*

朝勃ちしなくなったら精力減退の兆候あり

女性と男性の性ホルモン減退の症状はよく似ています。しかし、男性は女性と違って「精力のおとろえ」が大きな特徴です。

朝勃ちしなくなったら黄信号

ここ最近、朝勃ちが遠のいていないでしょうか。アンドロゲン(男性ホルモン)は性欲を高める働きがあるので低下すると、勃起力が弱まり、朝勃ちも起こらなくなります。

朝勃ちといいましたが、実をいうと朝だけでなく、人は寝ている間に何回も勃起をくり返します。勃起するのはレム睡眠と呼ばれる間です。人はレム睡眠とノンレム睡眠を約90分サイクルでくり返します。そのサイクルに合わせて勃起が起き、その状態で目覚めたのが「朝勃ち」です。

健康な40歳代は睡眠時の1/3は勃起しているといわれています。もし、1週間以上朝勃ちの記憶がなければ、アンドロゲンの低下によって勃起をしていない可能性が高いのです。

 

 

アンドロゲン低下がEDへとつながる

EDとは性器が機能しないことだと思われがちですが、かたさが足りなかったり、持続時間が短かったりする状態も含まれます。日本ではEDと思われる人が推定1130万人おり、40歳代で4人に1人、50歳代で2・5人に1人の割合でEDではないかといわれています。精力減退の悩みは、男性にとって避けて通れない道といえます。

アンドロゲンとEDは深い関係があります。アンドロゲンには①性器が勃起するときに必要なNO(二酸化酸素)を増やす、②性欲を高める、といったふたつの働きがあります。そのため、アンドロゲンが減少するとその働きが弱まり、EDをまねきやすくします。

精力減退は動脈硬化の前兆

EDの裏には、脳梗塞や心疾患につながる動脈硬化が進んでいる可能性があります。動脈硬化とは、血管にコレステロールなどがたまって柔軟性を失い、血流が悪くなっている状態をいいます。

勃起は性器の血管に血液が多く流入することで起こります。ところが、動脈の流れが悪いと、うまく血が送れず完全な勃起が難しくなります。

性器の動脈は、体のさまざまな動脈より細く、動脈硬化の症状が早くあらわれます。EDを自覚したら、血管の健康が動脈硬化によっておとろえていることを疑ってみてください。早めにコレステロール値など血液検査をすることで、脳梗塞などの大きな病気を予防することができます。

関連記事

勃起や射精がダメでもあきらめない

回数を重ねるうちに復活する人も カリスマソープ嬢の愛花氏は、多くのEDの男性を接客してきました

記事を読む

セックスでやせる!美肌になる!

肥満治療とセックス 東京台東区・よみせ通り診療所所長の佐藤桂子先生は、肥満と糖尿病治療の専門医

記事を読む

ソーダ水につけるだけで勃起力がアップする

ソーダ水に陰茎をつけて勃起を起こさせる PDE5は、仕事中などに不意に勃起が起こらないように安

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

作家・イラストレーターのみうらじゅんさんが語る「いつも心にエロを」

そんなにがんばらなくてもいいんじゃね? 僕が思うに、いちばんいけないのは、「セックスレス」とい

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑