*

朝勃ちしなくなったら精力減退の兆候あり

女性と男性の性ホルモン減退の症状はよく似ています。しかし、男性は女性と違って「精力のおとろえ」が大きな特徴です。

朝勃ちしなくなったら黄信号

ここ最近、朝勃ちが遠のいていないでしょうか。アンドロゲン(男性ホルモン)は性欲を高める働きがあるので低下すると、勃起力が弱まり、朝勃ちも起こらなくなります。

朝勃ちといいましたが、実をいうと朝だけでなく、人は寝ている間に何回も勃起をくり返します。勃起するのはレム睡眠と呼ばれる間です。人はレム睡眠とノンレム睡眠を約90分サイクルでくり返します。そのサイクルに合わせて勃起が起き、その状態で目覚めたのが「朝勃ち」です。

健康な40歳代は睡眠時の1/3は勃起しているといわれています。もし、1週間以上朝勃ちの記憶がなければ、アンドロゲンの低下によって勃起をしていない可能性が高いのです。

 

 

アンドロゲン低下がEDへとつながる

EDとは性器が機能しないことだと思われがちですが、かたさが足りなかったり、持続時間が短かったりする状態も含まれます。日本ではEDと思われる人が推定1130万人おり、40歳代で4人に1人、50歳代で2・5人に1人の割合でEDではないかといわれています。精力減退の悩みは、男性にとって避けて通れない道といえます。

アンドロゲンとEDは深い関係があります。アンドロゲンには①性器が勃起するときに必要なNO(二酸化酸素)を増やす、②性欲を高める、といったふたつの働きがあります。そのため、アンドロゲンが減少するとその働きが弱まり、EDをまねきやすくします。

精力減退は動脈硬化の前兆

EDの裏には、脳梗塞や心疾患につながる動脈硬化が進んでいる可能性があります。動脈硬化とは、血管にコレステロールなどがたまって柔軟性を失い、血流が悪くなっている状態をいいます。

勃起は性器の血管に血液が多く流入することで起こります。ところが、動脈の流れが悪いと、うまく血が送れず完全な勃起が難しくなります。

性器の動脈は、体のさまざまな動脈より細く、動脈硬化の症状が早くあらわれます。EDを自覚したら、血管の健康が動脈硬化によっておとろえていることを疑ってみてください。早めにコレステロール値など血液検査をすることで、脳梗塞などの大きな病気を予防することができます。

関連記事

男性更年期障害は病気と自覚できないままに放置されやすい

苦しんでいる人のほうが圧倒的に多い これまで、男性更年期障害が女性のそれほど注目されなかった理

記事を読む

ED対策としてのバイアグラ

バイアグラの服用も勧められる では、実際にEDになってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか

記事を読む

ED専門外来で検査を受けてバイアグラを受け取るまで

実際にEDの検査を受けてみることに ノンフィクションライターの豊田正義さんは、平成15年にED

記事を読む

勃起や射精がダメでもあきらめない

回数を重ねるうちに復活する人も カリスマソープ嬢の愛花氏は、多くのEDの男性を接客してきました

記事を読む

腸内フローラを整え、腸を元気にすることは、性力アップにもなる

ヒトの性器は腸から分化した! 東京医科歯科大学名誉教授で医学博士の藤田紘一郎先生は、長年にわた

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑