*

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない

あまりなじみのないLOH症候群。診断・治療を受けるには、いったい何科の病院に行けばよく、どのような治療をするのでしょうか。

LOH症候群(男性ホルモン:テストステロンの部分的欠乏によって起こる症候群)を専門とする医療機関は増えはじめていますが、まだまだ少ないのが現状です。この病気の治療は泌尿器科の医師がとり組んでいることが多いので、ホームページで調べたり、近くの泌尿器科に問い合わせてみたりするとよいでしょう。

病院でとり組んでいる治療法は大きく分けて3パターンあります。

まず、アンドロゲン減少はストレスや生活習慣に原因があります。そこでカウセリンクによってストレスを減らし、生活の改善のアドバイスを受けます。

次に漢方での治療は、心身にたまっている疲れを癒すことによってアンドロゲンの回復を行います。その効果は医学的に証明されていて、副作用も少ないので有効な治療法のひとつです。

ホルモン補充療法は、女性ではよく行われる治療法です。不足しているテストステロンを直接補うので効果は大きいです。しかし、誤った使い方をすれば体に害があるので、必ず医師に相談したうえで、摂取量を守って使用することが大切です。

 

 

病院での治療の仕方

あまり症状が重くないときは、漢方と生活習慣カウンセリングで改善します。重いときはホルモン補充療法が有効です。

●治療機関は泌尿器科

・治療法1:カウンセリングでストレス軽減と生活習慣改善を行う。

・治療法2:漢方を飲用。「八味地黄丸」、「牛車腎気丸」、「補中益気湯」がよく使用される。

・治療法3:ホルモン補充療法

ルール1 本当に必要なときだけ使用する

ルール2 ホルモンバランスを正常にする

ルール3 専門家に相談しながら使用する

どれだけ健康に気をつけていても不調を訴えはじめることはあるでしょう。そんなときは、早めに病院へ行くことをおすすめします。

関連記事

中年になっても男性ホルモンの原料になる肉食が必要

男性ホルモンを増強する食べ物 男性ホルモンを増強する食べ物としてお勧めは、ニンニク、タマネギで

記事を読む

人間は生涯にわたり性生活が可能

高齢者でもセックスについて積極的 ほとんどの生き物には、恋の季節があります。例えば、こホンザル

記事を読む

使えば使うほど、性機能の低下を遅らせることができる

性力の廃用性萎縮 年を取るにつれて、体の機能は徐々に衰えて行きます。しかも、使っていない体の機

記事を読む

生活習慣病の予防には男性ホルモンの維持や増加が重要

男性ホルモンは精神にも大きな影響がある 男性更年期障害というとED(性機能障害)など性的な症状

記事を読む

セックスで大事なのはテクニックより言葉

気持ちよさを決めるのは性器ではなく脳 セックスの話題になると、どうしても関心はテクニックに向い

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑