*

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状

アンドロゲン(男性ホルモン)が減少してホルモンのバランスがくずれると、いったいどのような影響が出てくるのでしょうか。

「なんだかやる気が出ない」「朝からだるい」「最近、体の節々が痛い」「休みにたっぷり寝ても疲れがとれない」など病気ではないけれど、ちょっとした不調が続いてはいないでしょうか。そうした不調を多忙な生活や歳のせいだと、放置していませんか。

実は、その不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状です。

病気の名前は「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」です。あまり聞き慣れないかもしれませんが、推定で約600万人がこの病気だといわれています。

はじめは軽い症状ですが、悪化すると心臓病や糖尿病、認知症の原因にもなります。

女性は「閉経」をきっかけに、女性ホルモンの量ががくんと下がります。そのため、閉経になる50歳ごろにイライラやほてりといった不調を感じると、「もしかして更年期障害かな」とすぐに想像できます。

一方、男性は加齢とともに穏やかにアンドロゲンが減少していくので、病気になるタイミンクがわかりにくいのです。さらに、症状も体よりもやる気といった精神面に出やすく、女性のようにはっきりしていません。そのため、LOH症候群なのに病気とは思わず、つらさをこらえている人がたくさんいます。

 

 

減少によって出てくる症状

症状は女性の更年期障害によく似ていますが、女性よりやる気の低下など精神面に影響が出やすいです。

●体に出る症状

・筋肉量、筋力の低下・疲労感

・ほてり、発汗・腰やひざなどの痛み

・めまい、耳鳴り・頻尿、尿もれ、性機能低下

・メタボリツクシンドローム

●心に出る症状

・やる気が出ない・イライラ、不安感

・集中力の低下・記憶力の低下

・性欲低下・不眠・うつ

など

アンドロゲン減少の不調はうつ症状に似ているので、うつ病かと勘違いする人も多くいますね。

関連記事

成熟した本当のセックスを思う存分楽しむアダム流スローセックス

"ジャンクセックス"をやめる あなたはセックスにどれくらいの時間をかけていますか? 長くて30

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

熟女ブームで脚光を浴びたタレント藤田紀子さんの若さを保つ秘訣

「一緒にいる人を心地よくしたい」という思い ある若手お笑い芸人のかたとの仲が、テレビなどで取り

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に採血(ホルモンの値は午前に高く

記事を読む

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑