*

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児

男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少していきます。その原因には何があるのでしょうか。

現代はストレス過多の時代。どの人も多かれ少なかれストレスを感じています。その中でも大きく影響を受けているのが、40歳代の男性です。

40歳代男性といえば、職場では中間管理職として部下と上司の板ばさみになり、責任も重く大変なことばかりです。定年までの自分がみえてきて、老後の不安もちらほら。

家庭では、子どもが思春期にさしかかり、仕事の忙しさもあって家族関係が疎遠になりがちです。さらに、子どもの受験や住宅口-ンなど頭が痛くなる問題が山積です。

 

 

ホルモン減少の3大原因

このように、仕事でも家庭でも気の休まる暇がない40歳代男性は、多くのストレスを抱えています。

テストステロンは加齢にともなって減少していきます。しかし、現代の40~50歳代の男性は20~30歳代の値から大きく下がり、驚くことに60歳代より下回っています。

ストレスの多い40~50歳代の男性は、症状のない人でさえホルモンが減少しており、いつだれが不調を訴えてもおかしくない状況にいます。

アンドロゲンのテストステロンを減少させる原因はいろいろとありますが、次の3つが最も大きな要因です。

原因1:避けられない原因は加齢。20歳代前半のピークから10年毎に平均92%ずつ低下していく

原因2:最大の要因はストレス。会社と家庭のダブルのストレスは、心休まる場所がなく、大きな痛手に

原図3:偏った食事や慢性的運動不足など日々の生活習慣が原因となる肥満。ホルモン低下の悪循環を起こすやっかいな原因である

※加齢にともなう減少に、ストレスや肥満の要因がプラスされると急激な減少をまねきます。

関連記事

睡眠時無呼吸症もEDの原因になる

EDを引き起こす要因 ED(勃起不全)は、心筋梗塞などの前ぶれですが、ここでは、そのほかの注意

記事を読む

セックスレスの解消のために寝室を改善しましょう

ハレの日を独自に演出しよう 決して仲は悪くないのに、セックスだけがない。したとしても「盆と正月

記事を読む

バイアグラにもジェネリックが登場!勃起改善薬のお役立ち最新事情

ジェネリック医薬品のしくみ 皆さんは、「ジェネリック医薬品」をご存じでしょうか。最近、テレビで

記事を読む

セックスレスを解消するために時には「SM」をしてみよう

SMの概念がライトに扱われるようになっている セックスレスを解消するため、精神科医の高木希奈先

記事を読む

男性ホルモンをふやすポイント

ポイント1 週1~2回はしっかり肉を食べよう 肉類、卵、牛乳、魚介などは男性ホルモンをふやしま

記事を読む

20代人妻をホテルに誘うテクニック

店選びはカップル客が多い場所を 若い女性をデートに誘うとき、もっ

男性の女性経験を聞きたがるときはエッチ度を調べている?

外見に比べてエッチが上手そう 好きな異性の過去の性体験を聞くのは

20代人妻は男性の過去話を聞きながら、浮気の準備をしている?

その人の歴史に私も残してほしい これからセックスするかもしれない

→もっと見る


PAGE TOP ↑