*

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児

男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少していきます。その原因には何があるのでしょうか。

現代はストレス過多の時代。どの人も多かれ少なかれストレスを感じています。その中でも大きく影響を受けているのが、40歳代の男性です。

40歳代男性といえば、職場では中間管理職として部下と上司の板ばさみになり、責任も重く大変なことばかりです。定年までの自分がみえてきて、老後の不安もちらほら。

家庭では、子どもが思春期にさしかかり、仕事の忙しさもあって家族関係が疎遠になりがちです。さらに、子どもの受験や住宅口-ンなど頭が痛くなる問題が山積です。

 

 

ホルモン減少の3大原因

このように、仕事でも家庭でも気の休まる暇がない40歳代男性は、多くのストレスを抱えています。

テストステロンは加齢にともなって減少していきます。しかし、現代の40~50歳代の男性は20~30歳代の値から大きく下がり、驚くことに60歳代より下回っています。

ストレスの多い40~50歳代の男性は、症状のない人でさえホルモンが減少しており、いつだれが不調を訴えてもおかしくない状況にいます。

アンドロゲンのテストステロンを減少させる原因はいろいろとありますが、次の3つが最も大きな要因です。

原因1:避けられない原因は加齢。20歳代前半のピークから10年毎に平均92%ずつ低下していく

原因2:最大の要因はストレス。会社と家庭のダブルのストレスは、心休まる場所がなく、大きな痛手に

原図3:偏った食事や慢性的運動不足など日々の生活習慣が原因となる肥満。ホルモン低下の悪循環を起こすやっかいな原因である

※加齢にともなう減少に、ストレスや肥満の要因がプラスされると急激な減少をまねきます。

関連記事

医学界でも注目しているタマネギの男性ホルモン増加作用

タマネギは「精のつく野菜」 東海大学名誉教授の西村弘行先生は長年、タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニ

記事を読む

セックスレスを解消するために時には「SM」をしてみよう

SMの概念がライトに扱われるようになっている セックスレスを解消するため、精神科医の高木希奈先

記事を読む

使えば使うほど、性機能の低下を遅らせることができる

性力の廃用性萎縮 年を取るにつれて、体の機能は徐々に衰えて行きます。しかも、使っていない体の機

記事を読む

セックスレスは、日本の国民病

世界的に見て珍しい セックスレスは、日本の国民病ともいえます。特に、中高年の夫婦間におけるセッ

記事を読む

男性ホルモンのレベルを維持するには

運動が男性ホルモンや成長ホルモンを増やす 男性ホルモンのレベルを維持するにはどのようにすればい

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑