*

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児

男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少していきます。その原因には何があるのでしょうか。

現代はストレス過多の時代。どの人も多かれ少なかれストレスを感じています。その中でも大きく影響を受けているのが、40歳代の男性です。

40歳代男性といえば、職場では中間管理職として部下と上司の板ばさみになり、責任も重く大変なことばかりです。定年までの自分がみえてきて、老後の不安もちらほら。

家庭では、子どもが思春期にさしかかり、仕事の忙しさもあって家族関係が疎遠になりがちです。さらに、子どもの受験や住宅口-ンなど頭が痛くなる問題が山積です。

 

 

ホルモン減少の3大原因

このように、仕事でも家庭でも気の休まる暇がない40歳代男性は、多くのストレスを抱えています。

テストステロンは加齢にともなって減少していきます。しかし、現代の40~50歳代の男性は20~30歳代の値から大きく下がり、驚くことに60歳代より下回っています。

ストレスの多い40~50歳代の男性は、症状のない人でさえホルモンが減少しており、いつだれが不調を訴えてもおかしくない状況にいます。

アンドロゲンのテストステロンを減少させる原因はいろいろとありますが、次の3つが最も大きな要因です。

原因1:避けられない原因は加齢。20歳代前半のピークから10年毎に平均92%ずつ低下していく

原因2:最大の要因はストレス。会社と家庭のダブルのストレスは、心休まる場所がなく、大きな痛手に

原図3:偏った食事や慢性的運動不足など日々の生活習慣が原因となる肥満。ホルモン低下の悪循環を起こすやっかいな原因である

※加齢にともなう減少に、ストレスや肥満の要因がプラスされると急激な減少をまねきます。

関連記事

「バイアグラ」で30代の勃起力がよみがえり人生観が変わった作家の団鬼六

妄想力が衰えていた 作家の団鬼六は長年、ポルノ小説を書いてきましたが、58歳のときに一度、「も

記事を読む

うつによる性欲減退を解消させるために積極的にセックスをしよう

性力を維持し続けることがうつの克服や予防に役立つ バイアグラを買い求めるのは、中高年以降のかた

記事を読む

昭和の性愛から学ぶ、セックスレス解消テクニック

昭和の性愛に貴重なヒントがある AV監督のヘンリー塚本さんは、ポルノ映像作家として、30年間、

記事を読む

自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

春画は当時の情報誌の側面も併せ持っていた 江戸の町は、たびたび大火で焼かれたため、人々は、極め

記事を読む

スローセックスで濃密な快感と満足を得る

スローセックスこそがこれからの時代にふさわしい 「スローライフ」という言葉をよく耳にします。こ

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑