*

ホルモンは体の中でどんな働きをしているのか

ホルモンは情報伝達をし、体の活動を維持しているのですが、具体的にはどんな働きをするのでしょうか。

ホルモンは、自分の意思で分泌するよう働きかけられません。たとえば、食事をすれば、自然に消化がはじまりますし、運動すれば勝手に心拍数が上昇します。

このように、無意識に働くものはホルモン以外に「自律神経」があります。ふたつは同じような働きをしますが、「働くスピード」に差があります。ホルモンによる調節は数分から数時間にかけて”じっくりと”効きます。一方、自律神経は”すばやく”効き、持続性があまりありません。

人はホルモンと自律神経が上手く働くことで、健康に生活することができます。

 

 

ホルモン調節をしているのは脳にある「視床下部」です。そのしくみを体温調節を例にし、簡単に説明します。

視床下部は体温が低いことを感じとると、ちょうどよい体温になるようにホルモンを出します。いわばホルモンは”指令”で、体の各組織に体温を上げるように働きかけます。その後、体温が適温になったり、逆に上がりすぎたりしたときは、各組織から視床下部にその情報が伝わるため、指令となるホルモン量が減ります。

このような方法で、ホルモンは視床下部を中心にし、体が正常な状態を保つようにコントロールしています。

関連記事

バイアグラのジェネリックや人気のシアリスなどED治療薬も種類が豊富

バイアグラにはジェネリックも 内服するED治療薬の代表といえば、99年に日本で初めて承認・発売

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録する装置は非常に高いものですから

記事を読む

セックスを失わずにいれば人生が満ち足りたものになる

セックスは、生き物に与えられた極めて自然な行為 高齢者のうち、「セックスレス派」と「死ぬまでセ

記事を読む

自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

春画は当時の情報誌の側面も併せ持っていた 江戸の町は、たびたび大火で焼かれたため、人々は、極め

記事を読む

セックスレス解消に役立つ試み「朝のセックス」

中高年こそセックスを楽しむペき! 最近、週刊誌などで毎週のように、中高年以降のセックスの問題が

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑