*

週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

古い精液を排出すればガン細胞化を予防できる

さて、ここまで前立腺肥大症の治療薬についてお話ししてきましたが、そもそも、そうなる前に予防に努めることが重要です。泌尿器科の専門医として、前立腺肥大の予防のために強くお勧めする方法、それはズバリ「射精」です。

前立腺というのは、いわば、精液の発射装置ですから、その機能をきちんと働かせていれば、血流もよくなり、装置の劣化を防ぐことができるのです。

前立腺肥大症だけではなく、今や男性の部位別ガンのトップになってしまった「前立腺ガン」についても、同じことが当てはまります。

ハーバード大学の研究によれば、「1カ月に21回以上の射精をすると、前立腺ガンの発症リスクが2割も低くなる」という報告がなされています。

同大学の研究チームは、1992年から、約3万人の男性の射精回数と前立腺ガンの関連を追跡調査しました。そして、40代男性の射精回数と前立腺ガンの関係を精査したところ、月に21回以上射精をした人の場合、22%もガンになる危険性が低いことが判明したのです。

 

 

少なくとも週2回の射精を行うように心がける

ちなみに、月21回というと、1週間で約5回の射精ということですから、かなり多いと感じるかもしれません。しかし、ここで重要なのは、射精という行為をくり返して前立腺を頻繁に使うことが、ガンの発症リスクを低くするということです。

第一に、頻繁な射精によって、前立腺液の劣化を予防できます。精液の3分の1を占める前立腺液は、たえず生成されていますが、射精されずに古い液が残ると、組織のガン細胞化を招く恐れがあります。ですから、射精によって古い液をどんどん排出することが予防につながるのです。

第二に、射精で前立腺の血流がよくなれば、血流低下による低酸素状態を防げます。これも細胞のガン化を防ぐ要因となります。

だからといって、毎月必ず21回射精しろとはいいません。一つの目安として、少なくとも週2回の射精を行うように心がけてください。

週2回のセックスで心筋梗塞や脳卒中の予防に役立つ

加齢などによって動脈硬化が進行すれば、血流障害が生じます。そして、動脈硬化の最初の兆候としてEDが起こるのです。

さらにそれを放置すれば、動脈硬化がさらに進行して、心筋梗塞や脳卒中など、より重大な疾患を招き寄せることになってしまいます。

川崎医科大学泌尿器科の永井敦教授も、以前から、高齢であるほどセックスが重要であることを強調してきました。セックスは、全身の血行を促し、健康を維持するうえでも非常に大切な行為です。最新の臨床研究でも、週2回セックスをすれば、その血流改善効果により、心筋梗塞や脳卒中の予防に役立つと報告されています。

前立腺肥大症や前立腺ガンだけではなく、血管にかかわるさまざまな病気を予防するために、セックスもしくは、マスターベーションを頻繁に行うことが大事です。日々、頻繁に射精をすることは、すなわち、大変有効な健康法なのです。

→前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

→週2回の射精で血流障害を防ぐ

関連記事

日本人のセックスの回数が足りない!若さを保つためにも回数を増やしましょう

性ホルモンは30代ごろから減少していく 年をとっても、バリバリの生涯現役でセックスを楽しむ秘訣

記事を読む

セックスができるというのは健康の証。脳を活性化し、前立腺肥大も予防

46歳~55歳は8日に1回 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生は、以前から年代別のセックス

記事を読む

前立腺肥大症の改善とEDの改善は同じアプローチ。勃起改善薬を積極使用してもいい

勃起のじゃまをするPDE15 前立腺肥大症を治療するために、2014年1月から、新たに国内で認

記事を読む

「肛門マッサージ」で男性はEDを改善し女性は性交痛や不妊の原因症状まで改善

全身のエネルギーがわき出るツボを刺激 ヒノヘルスオフィス院長の日野勝俊先生は、10数年前から、

記事を読む

スローセックスで濃密な快感と満足を得る

スローセックスこそがこれからの時代にふさわしい 「スローライフ」という言葉をよく耳にします。こ

記事を読む

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑