*

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意!

中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病名は、大変気になるものでしょう。

この前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっているといわれています。しかも、その雁患率は年齢を重ねるごとに高くなっていきます。60歳以上で約7割、80歳以上では約8割のかたに前立腺肥大の症状が見られます。

つまり、前立腺肥大は、男性であれば、ほとんど誰もがかかりうる病気といっても過言ではありません。

そもそも前立腺とは、いったいどういう器官で、私たちの体の中でどんな役割をしているのでしょうか。

前立腺は、膀胱の出口にあり、尿道を取り囲んでいるクリの実大の臓器です。前立腺は、精液の一部を作り出すぼか、射精の際に収縮をくり返して、精液を体外へ送り出す働きをしています。

 

 

前立腺がなぜ肥大するのか、その原因はまだはっきりしていませんが、加齢によってホルモンのバランスがくずれることが主な原因の一つと考えられています。

前立腺が肥大すると、尿道が圧迫され、排尿に関してさまざまな障害が起こってきます。

最初に認められる症状が、頻尿です。まず、トイレに行く回数がしだいに増えます。通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6回ですが、もし8回以上になっているようなら、前立腺肥大を疑ってみる必要があるでしょう。特に、夜間に何度も排尿のために起きる人は要注意です。

また、尿がすぐに出ない、すべて出るまでに時間がかかるという症状も起こります。尿の勢いが弱まり、細くチョロチョロとしか出なくなったり、残尿感に悩まされたりする人もいます。

→週2回の射精で血流障害を防ぐ

→週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

関連記事

男性ホルモンが低下ししまうと生活習慣病にかかりやすくなる

命に関わる病気まで発展してしまう アンドロゲン(男性ホルモン)低下によってメタボリックシンドロ

記事を読む

ブラジル産の4種類の植物成分からなる「おじさん元気食品」が注目されている

男にも更年期はある 更年期というのは、性成熟期から老年期への移行期間を指します。この時期には、

記事を読む

男性ホルモン減少で起きる症状:男性更年期障害

年のせいと思われがちだが実は男性にも更年期障害あり 40~60歳代に起こるアンドロゲン(男性ホ

記事を読む

セックスの最中に「相手をその気にさせる言葉」「言ってはいけない言葉」とは

名前を呼んでもらうことがいちばんうれしい セックスにおいて、言葉というものは、非常に大きな意味

記事を読む

イラストレーターのみうらじゅんおすすめのテクは「クンニ」

「死ぬまでセックス」できるのか? 無理に挿入しなくてもいいんじゃないでしょうか。 むろん

記事を読む

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑