*

「幸せホルモン」を分泌してセックスレスを解消!

セックスは幸せに長生きするために必要不可欠な行為

私は、どんなに長い間いっしょに暮らしていても、女性らしさを忘れないように心がけています。女性が惚れるのではなく、男性に惚れさせないと、夫婦は成立しないと思うのです。

私たちの場合は、夫のほうが、私への愛情を強く示してくれます。ですから、私も負けないように、街を歩くときは、常に夫の手を握って、「好きよ」「愛してるわ」という気持ちを伝えています。

今さら照れくさいと感じるかもしれませんが、まずはこうした簡単なことから始めてみると、セックスレス解消につながるのではないでしょうか。

セックスは、若々しく健康的に、そして幸せに長生きするために、必要不可欠な行為だと思います。大切な夫と、何歳になっても楽しくセックスを続けることが、私の夢です。

 

 

統合医療クリニック徳院長 高橋徳先生の解説

オキシトシンは、誰かのことを思いやると分泌されて、幸せな気持ちになるホルモンで、それゆえ、「幸せホルモン」とも呼ばれています。オキシトシンを分泌させてくれた相手に対しても、「いっしょにいたい」という愛情が芽生えます。

このご夫婦は、さまざまな手法を活用することで、セックスレスを解消。そして、セックスを重ねることでオキシトシンの分泌が高まり、互いの愛情も深まっていくという好循環が生まれています。手をつなぐといったスキンシップを積極的に図っていることも、実によいことです。

このまま円満なセックスが続けば、ご夫婦の健康維持にも大いに役立つでしょう。

→セックスレス解消のために活用した健康雑誌に感謝

→ラブホテルがセックスレス解消に役に立つ

関連記事

日本人のセックスの回数が足りない!若さを保つためにも回数を増やしましょう

性ホルモンは30代ごろから減少していく 年をとっても、バリバリの生涯現役でセックスを楽しむ秘訣

記事を読む

メタボリックシンドロームが男性ホルモン減少の原因に

メタボリックシンドロームが重要なワケ アンドロゲン(男性ホルモン)が低下すると内臓脂肪が増えま

記事を読む

恋愛にセックスに臆病になるな

ときめくことが大事 人を好きになると、たとえ結婚まで至らなくても、その前に、いろいろなステージ

記事を読む

EDを克服するにはセックスに対する固定観念をうち破ることが必要

楽しんでいるようには見えなかった ソフト・オン・デマンド代表取締役の高橋がなりさんが、平成14

記事を読む

愛撫は「面で攻め」、ついで「点で仕上げる」のが基本

ろくに濡れていないのに挿入するのはもってのほか 名古屋市立大学名誉教授の渡仲三先生が性科学の研

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑