*

セックスレス解消のために活用した健康雑誌に感謝

公開日: : 最終更新日:2017/11/05 セックスレス解消のために, 性力アップのために

『壮快Z』を参考にセックスレス解消に励む

私たち夫婦は、結婚生活30年めを迎えますが、現在も週に2~3回のセックスを楽しんでいます。

もちろん、これまでの長い夫婦生活、ずっと順風満帆だったわけではありません。人生という長い道をともに歩んでいくなかで、さまざまな壁にぶつかってきました。そのたびに、互いを思い合う「愛情」をもって、それらの壁を乗り越えてきたのです。

近年、私たちが迎えた最大の危機といえば、夫の病気です。現在、夫は56歳になりますが、3年前に心筋梗塞を発症して、心臓の手術を受けることになったのです。

手術は無事に成功し、私たちは心の底から安堵しました。しかしその後、夫の体を気づかった影響で、私たち夫婦は、セックスレスに陥ったのです。

私は、夫の手術が成功したとはいえ、しばらくは心臓に負担をかけることは避けたほうが無難だと考えました。セックスはけつこうな運動量なので、どうしても行為に至ることができなかったのです。

 

 

そのうち、夫のほうも、健康面の不安からか、EDに陥ってしまい、ますますセックスは縁遠いものになりました。

私のほうも、心身が満たされないつらい日々が続き、精神的に不安定になりました。ときには、セックスができない夫に対して、ひどい言葉を放ったこともあります。

そんなある日、何気なく書店で見つけたのが『壮快Z』シリーズ(マキノ出版)でした。

私は、熟年のかたを対象にした、性と健康について書かれたこの本に興味を惹かれました。そして、すぐに購入して、自宅で夫といっしょに読むことにしたのです。

本に書かれていた内容は、どれも新鮮で、まさに目からうろこが落ちるようでした。特に、男性と女性では、セックスの悩みが全く違うことに驚かされました。夫も、「とても勉強になる」と感心していました。

そして私たちは、このシリーズを参考にしながら、セックスレス解消に向けた取り組みを、本格的に始めたのです。

→ラブホテルがセックスレス解消に役に立つ

→「幸せホルモン」を分泌してセックスレスを解消!

関連記事

愛撫は「面で攻め」、ついで「点で仕上げる」のが基本

ろくに濡れていないのに挿入するのはもってのほか 名古屋市立大学名誉教授の渡仲三先生が性科学の研

記事を読む

女性は唾液で興奮する!?女性歯科衛生士が教えてくれるディープキスのテクニック

セックスでは唾液が重要 はじめまして。歯科衛生士の仲谷めいと申します。 ふだん、歯科に行

記事を読む

ED治療薬の正しい知識と使い方

「ずっと勃起したままになる」は誤解 皆さんの中には、ED(勃起不全)を改善する薬と聞いただけで

記事を読む

セックスレスになってしまった中高年にはラブホテルがお勧め

セックスレスやED、不感症にはラブホを活用すべし 男性力が低下し、セックスレスやED(勃起不全

記事を読む

男性が考え方を少し変えるだけで、女性は大きく変わる

中高年向けの新しい性に対する提案 最近、週刊誌などで、中高年のかたにセックスを奨励する記事が目

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑