*

セックスレス解消のために活用した健康雑誌に感謝

公開日: : 最終更新日:2017/11/05 セックスレス解消のために, 性力アップのために

『壮快Z』を参考にセックスレス解消に励む

私たち夫婦は、結婚生活30年めを迎えますが、現在も週に2~3回のセックスを楽しんでいます。

もちろん、これまでの長い夫婦生活、ずっと順風満帆だったわけではありません。人生という長い道をともに歩んでいくなかで、さまざまな壁にぶつかってきました。そのたびに、互いを思い合う「愛情」をもって、それらの壁を乗り越えてきたのです。

近年、私たちが迎えた最大の危機といえば、夫の病気です。現在、夫は56歳になりますが、3年前に心筋梗塞を発症して、心臓の手術を受けることになったのです。

手術は無事に成功し、私たちは心の底から安堵しました。しかしその後、夫の体を気づかった影響で、私たち夫婦は、セックスレスに陥ったのです。

私は、夫の手術が成功したとはいえ、しばらくは心臓に負担をかけることは避けたほうが無難だと考えました。セックスはけつこうな運動量なので、どうしても行為に至ることができなかったのです。

 

 

そのうち、夫のほうも、健康面の不安からか、EDに陥ってしまい、ますますセックスは縁遠いものになりました。

私のほうも、心身が満たされないつらい日々が続き、精神的に不安定になりました。ときには、セックスができない夫に対して、ひどい言葉を放ったこともあります。

そんなある日、何気なく書店で見つけたのが『壮快Z』シリーズ(マキノ出版)でした。

私は、熟年のかたを対象にした、性と健康について書かれたこの本に興味を惹かれました。そして、すぐに購入して、自宅で夫といっしょに読むことにしたのです。

本に書かれていた内容は、どれも新鮮で、まさに目からうろこが落ちるようでした。特に、男性と女性では、セックスの悩みが全く違うことに驚かされました。夫も、「とても勉強になる」と感心していました。

そして私たちは、このシリーズを参考にしながら、セックスレス解消に向けた取り組みを、本格的に始めたのです。

→ラブホテルがセックスレス解消に役に立つ

→「幸せホルモン」を分泌してセックスレスを解消!

関連記事

朝勃ちしなくなったら精力減退の兆候あり

女性と男性の性ホルモン減退の症状はよく似ています。しかし、男性は女性と違って「精力のおとろえ

記事を読む

中高年の恋愛とセックスは攻めの養生

日々の「ときめき」が自然治癒力を高める 日本人は、ある程度の年齢を超えると、「もう私は年だから

記事を読む

ED専門外来で検査を受けてバイアグラを受け取るまで

実際にEDの検査を受けてみることに ノンフィクションライターの豊田正義さんは、平成15年にED

記事を読む

スローセックスで濃密な快感と満足を得る

スローセックスこそがこれからの時代にふさわしい 「スローライフ」という言葉をよく耳にします。こ

記事を読む

女性の体をよく知ることで幸せな性生活が送れる

女性の体と心についての誤解を解こう いくつになっても、自分を必要としてほしい、異性として意識さ

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑