*

週1回のオナニーで新しい性の扉を開くことができる

定期的にオナニーをする習慣を取り戻しましょう

官能小説作家の睦月影郎先生は、25歳のときから「射精日記」をつけています。これまで、どんなおかずでオナニーしたか、どんな相手とセックスしたか、ずっと記録しているのです。ちなみに、去年の年間射精回数は、144回でした。

こんなふうに話すと、「そんな生活をできるのは、官能作家という特殊な職業をしているからだ」と考える人もいるでしょう。しかし、その気さえあれば、皆さんも決してできないことではありません。あくまでも、やる気を維持し続けることが肝心なのです。

とりあえず、皆さんが、最後に射精した日がいつか、思い出してみてください。もしかすると、思い出せないくらい昔かもしれませんね。

そういうかたは、まずは定期的にオナニーをする習慣を取り戻しましょう。少なくとも週1回のオナニーを実践してください。

 

 

そして、最終目標にすることは、長年連れ添ったパートナーとのセックスレス解消でも、新たに知り合った若い女性と一戦交えることでもなんでもけっこうです。いずれにしても、そうした目標を達成するためには、射精感覚を取戻しておくことが先決。

オナニーをする際は、官能小説でもAVでも使ってかまいませんが、特にお勧めは、「自分の妄想の羽を広げてオナニーすること」です。この場合、脳と手をしきりに使うわけで、認知症の予防にも効果が期待できるでしょう。

妄想をたくましくするとともに、利き手でない左手を使ってみたり、逆手でしごいてみたり、新しい刺激を求めていろいろ試してみてください。

手を使わずに勃起させると持続時間が長くなる!

さらに影山先生の場合、手をいっさい使わず、妄想力だけでペニスを勃起させることをよく試みます。手を使わずに妄想だけで勃起させると、確実に持続時間が長くなりますから、ぜひ試してみてください。

最後に、影山先生が常に心がけていることを紹介しておきましょう。それは、「朝起きたら、童貞に戻ろう」という提案です。まだ、女性のことを何も知らない若いころは、朝起きたとき、「女性のアソコは、いったいどうなっているんだろう?」と妄想をたくましくして、ついつい手がペニスに伸びたものです。

ですから、これからは、目覚めたら童貞のころの渇望感を思い出してください。そして、人生に疲れたオジさんという現実をリセットし、初々しくもみずみずしかった童貞の自分に帰るのです。そうすれば、いつまでも若々しい気持ちを保ち続け、日々、新しい性の扉を開くことができるでしょう。

→射精したくてあたりまえ!萎えたらもはやオス失格

関連記事

言葉責めをうまく取り入れてセックスレスを解消

優しく導くのがポイント 第二に、女性を導き、あおることです。女性の恥じらいのリミッターを外して

記事を読む

男性が考え方を少し変えるだけで、女性は大きく変わる

中高年向けの新しい性に対する提案 最近、週刊誌などで、中高年のかたにセックスを奨励する記事が目

記事を読む

男性更年期障害の治療:バイイアグラ療法

男性だけ元気になってもダメ 最近は、みなさんよくご存知の経口ED治療薬で、数年前に発売されたバ

記事を読む

セックスレス解消に役立つ試み「朝のセックス」

中高年こそセックスを楽しむペき! 最近、週刊誌などで毎週のように、中高年以降のセックスの問題が

記事を読む

前立腺肥大症の改善とEDの改善は同じアプローチ。勃起改善薬を積極使用してもいい

勃起のじゃまをするPDE15 前立腺肥大症を治療するために、2014年1月から、新たに国内で認

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑