*

週1回のオナニーで新しい性の扉を開くことができる

定期的にオナニーをする習慣を取り戻しましょう

官能小説作家の睦月影郎先生は、25歳のときから「射精日記」をつけています。これまで、どんなおかずでオナニーしたか、どんな相手とセックスしたか、ずっと記録しているのです。ちなみに、去年の年間射精回数は、144回でした。

こんなふうに話すと、「そんな生活をできるのは、官能作家という特殊な職業をしているからだ」と考える人もいるでしょう。しかし、その気さえあれば、皆さんも決してできないことではありません。あくまでも、やる気を維持し続けることが肝心なのです。

とりあえず、皆さんが、最後に射精した日がいつか、思い出してみてください。もしかすると、思い出せないくらい昔かもしれませんね。

そういうかたは、まずは定期的にオナニーをする習慣を取り戻しましょう。少なくとも週1回のオナニーを実践してください。

 

 

そして、最終目標にすることは、長年連れ添ったパートナーとのセックスレス解消でも、新たに知り合った若い女性と一戦交えることでもなんでもけっこうです。いずれにしても、そうした目標を達成するためには、射精感覚を取戻しておくことが先決。

オナニーをする際は、官能小説でもAVでも使ってかまいませんが、特にお勧めは、「自分の妄想の羽を広げてオナニーすること」です。この場合、脳と手をしきりに使うわけで、認知症の予防にも効果が期待できるでしょう。

妄想をたくましくするとともに、利き手でない左手を使ってみたり、逆手でしごいてみたり、新しい刺激を求めていろいろ試してみてください。

手を使わずに勃起させると持続時間が長くなる!

さらに影山先生の場合、手をいっさい使わず、妄想力だけでペニスを勃起させることをよく試みます。手を使わずに妄想だけで勃起させると、確実に持続時間が長くなりますから、ぜひ試してみてください。

最後に、影山先生が常に心がけていることを紹介しておきましょう。それは、「朝起きたら、童貞に戻ろう」という提案です。まだ、女性のことを何も知らない若いころは、朝起きたとき、「女性のアソコは、いったいどうなっているんだろう?」と妄想をたくましくして、ついつい手がペニスに伸びたものです。

ですから、これからは、目覚めたら童貞のころの渇望感を思い出してください。そして、人生に疲れたオジさんという現実をリセットし、初々しくもみずみずしかった童貞の自分に帰るのです。そうすれば、いつまでも若々しい気持ちを保ち続け、日々、新しい性の扉を開くことができるでしょう。

→射精したくてあたりまえ!萎えたらもはやオス失格

関連記事

セックスができるというのは健康の証。脳を活性化し、前立腺肥大も予防

46歳~55歳は8日に1回 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生は、以前から年代別のセックス

記事を読む

週2回の射精で血流障害を防ぐ

勃起改善薬と前立腺肥大症の治療薬は全く同じ成分 通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6

記事を読む

セックスをしていれば、男性はより健康にたくましく、女性はよりキレイで若々しくいられる

女性をほめることから始めてみる この健康雑誌だけでなく、男性向けの週刊誌にも、中高年の皆さんの

記事を読む

ED専門外来で検査を受けてバイアグラを受け取るまで

実際にEDの検査を受けてみることに ノンフィクションライターの豊田正義さんは、平成15年にED

記事を読む

セックスレスの解消にはちょっと変わったなプレイが効果的

SMにもコスプレにも多くの人が関心がある 男性力の低下に関連して、セックスレスに悩んでいる人は

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑