*

射精したくてあたりまえ!萎えたらもはやオス失格

公開日: : 最終更新日:2017/10/19 EDの原因と対策, 性力アップのために

本来の循環が断たれると、心にも体にもよくない

最近、テレビや雑誌などで、セックスレスの問題がしばしば取り上げられていますね。中高年以降、全くセックスをしなくなってしまう夫婦やカップルがたくさんいるというのです。

作家の睦月影郎先生は、官能小説の作家として、作品を世に送り続けて30年以上になり、著作は500冊を超えました。官能というテーマで書き続けてきた睦月先生から見れば、現代のこうした事態は大変嘆かわしいものです。

男性も50代、60代になると、体力が衰えてくるうえ、仕事は忙しい。それで、あっさりセックスを諦めてしまうようですが、代わりにオナニーをするのかといえば、それすらしないといいます。

 

 

体力が衰えつつあるとはいえ、この段階では、射精機能はなんとか無事であることが多いでしょう。幸いなことに、EDになっているわけではないのです。

にもかかわらず、射精しないでいると、せっかく製造された精液を出さないで溜めておくことになります。かくして、体外に排出してまた製造する、という本来の循環が断たれると、心にも体にもよくありません。

オスとして生まれたからには、生殖機能が続く限り射精したくてあたりまえです。その気持ちが萎えてしまったら、もはやオスとはいえません。日ごろから射精し循環をよくしておいて、気持ちも萎えないようにすれば、どんなに年を取っても、充実した性生活を満喫できるのです。

女性である限り、全身全霊で愛でるべき

睦月影郎先生は、現在60歳になりますが、1カ月に13~14回は射精しています。このうち、オナニーは3回くらい。残りは、10人ほどの女性を相手にした回数です。

影山先生とおつきあいのある女性たちは、最年少は23歳から最年長は60歳まで。影山先生は、昔は「好みの女性は?」と聞かれると、「エロエロぽっちゃりがいい」などと平気で口にしたものです。しかし今や、好みのタイプを気にするようではダメという境地に達しています。

どんな女性にもいいところがあります。それを見つけて愛でるのです。やせていようが太っていようが、美しかろうがそうでもなかろうが、女性である限り、全身全霊で愛でるべきであると影山先生は思っています。

影山先生の場合、それぞれの女性に会うのは、月に1回きりと決めています。それくらいの頻度のほうが、いつも新鮮な気持ちを保つことができるからです。

→週1回のオナニーで新しい性の扉を開くことができる

関連記事

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病

記事を読む

最近では若い女性で尿失禁の人が増えている

筋力の低下が原因 東京の成城松村クリニックには、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れますが、

記事を読む

ED治療薬の正しい知識と使い方

「ずっと勃起したままになる」は誤解 皆さんの中には、ED(勃起不全)を改善する薬と聞いただけで

記事を読む

セックスができるというのは健康の証。脳を活性化し、前立腺肥大も予防

46歳~55歳は8日に1回 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生は、以前から年代別のセックス

記事を読む

スローセックスで濃密な快感と満足を得る

スローセックスこそがこれからの時代にふさわしい 「スローライフ」という言葉をよく耳にします。こ

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑