*

乳首ほぐしは男性にも女性のも効果の高い方法。やり方も簡単!

公開日: : 性力アップに効く運動・動作

バストが2カップ大きくなった女性もいる

ガーデンオブエデン代表の原田園子先生が勧めているのが「乳首ほぐし」です。

乳首ほぐしとは、乳首と乳輪をもみほぐして、そのコリをほぐす方法です。これを行うことで、たちまち性機能がアップするのです。

では、乳首ほぐしのやり方をご説明しましょう。入浴時に湯船で行うのがお勧めです。

①親指と人差し指で左右の乳輪をつまみ、縦や横にもみほぐす。コリを探っていき、痛いところがあれば、じわ~っと指先に力を入れる。

②乳首をつまみ、芯をゆっくりねじる。

③芯がほぐれてきたら、乳首の詰まりを引き抜くイメージで、つまんだ指をビュッと引き抜く。これを2~3回くり返す。

乳首を引き抜くときは、やや上向きに引き抜きましょう。これにより、バストや乳首を上向きにさせる効果があります。上向きになれば、周辺を流れるリンパの巡りも改善します。

 

 

また、痛過ぎる刺激は、体を逆に緊張させるので、乳輪や乳首をほぐすときは、あくまでも「痛気持ちいい」程度に行ってください。

乳首ほぐしにかける時間は、通しで30秒程度。両乳首を同時に行ってください。週に数回行えば十分ですが、毎日行ってもかまいません。

最後に、原田先生がケアをした、乳首ほぐしの体験例をご紹介しましょう。

すっかり自信を取り戻した

30歳前後の女性は、乳首ほぐしを続けたことで、ブラジャーのサイズが2カップ大きくなりました。その効果が思ったより絶大であったせいで、その女性は「乳ガンになってしまったのではないか」と心配になり、病院で検査を受けたそうです。もちろん、検査ではなんの問題も見つからず、バストは健康そのものでした。

40代半ばの男性は、突然EDに陥り、すっかり自信喪失して来訪しました。そこで乳首ほぐしを実践したところ、その場で即座に勃起。男性はすっかり自信を取り戻し、喜んで帰宅したのです。

40代後半の男性は、中折れに悩んでいました。仕事のストレスから、完全に勃起できなくなったのです。このかたも、1回の乳首ほぐしで、硬く反り返ったペニスを取り戻しました。

このように、乳首ほぐしはとても効果の高い方法です。セルフケアとして簡単に行うことができますし、パートナーのかたにやってもらうのもお勧めです。ぜひ今日から試してみてください。

→「乳首ほぐし」でたちまち性機能がアップする!

関連記事

正常位は体への負担が大きい!医師が勧める中高年のための体位

セックスはあまり激しい運動ではない 高齢者であっても、セックスを楽しむべきという考え方は、一つ

記事を読む

「ゆっくり長く息を吐く」呼吸法で中折れも解消し満足度も倍増

セックスは全身の若々しさを維持することにも役立つ 江戸時代の学者、貝原益軒はその著書『養生訓(

記事を読む

とっても簡単で効果抜群!「パンツから出す強精法」

性器の存在を常に意識できる パンツから出す強精法という、一風変わった強精法があります。考案者の

記事を読む

最近元気がない人、衰えが著しい人は「絶倫呼吸」で性力アップ

男はペニス、女は膣から放水するイメージ 「絶倫呼吸」をくり返すことで、いくつになっても、肛門括

記事を読む

「絶倫呼吸」で朝立ちが復活し、20歳も年下の女性を絶頂に導いた

急にモテ始め20歳下の女性を絶頂に導いた群馬県 43歳 整体師 男性の方の体験談です。 だ

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑