*

言葉責めをうまく取り入れてセックスレスを解消

優しく導くのがポイント

第二に、女性を導き、あおることです。女性の恥じらいのリミッターを外してあげてください。

「もっと声を出して」「もっと腰を突き上げて」など、いやらしい方向に女性を誘導しましょう。

この際、女性に命令するより、優しく導くのがポイント。女性は、露骨なもの言いより、ロマンチックにいわれるほうがグッときます。ですから、女性を誘導するなら、「もっと足を開いてごらん」「もっといやらしい声を出してごらん」等々、「~しろ!」ではなく、「~してごらん」がベストです。

第三に、ほめることです。「こんなにいやらしくなって…」と描写してから、「かわいい」「キレイ」「愛してる」と、ほめ言葉で一押ししましょう。「こんなに感じてくれてうれしい」などもいいですね。

長年連れ添ったご夫婦の場合、「今さら恥ずかしい」と思われるかもしれません。しかし、いくつになっても、女性は、「かわいい」「キレイ」といわれることを喜びます。男性だって、「カツコイイ」といわれたら、いくつになっても、うれしくありませんか?

 

 

マンネリセックスの改善にも役立つ

女性は年を重ねると、どうしても女性として見られることが少なくなります。「おばちゃん」と呼ばれ慣れた日常のなかに、女性として見られる瞬間があると、思わずドキッとして、女性は発情するのです。

「ちょっと女っぽくなってるよ」などといわれると、女性は盛り上がります。

ちなみに、セックスする日は、朝からパートナーに優しくしましょう。朝から、何気なくタッチする回数を増やすこともお勧めです。

欧米人の場合、デートで食事をしているとき、手を触れるところから、前戯が始まっているといわれます。

欧米人ほど濃密にはできないにせよ、朝から、「今夜、楽しみだね」などといっておけば、「やめてよ」と女性はいいながらも、悪い気はしません。それが、夜の言葉責めの前戯となるはずです。

言葉責めをうまく取り入れれば、セックスレスの解消や、マンネリセックスの改善にもきっと役立ちます。皆さんもぜひ試してみてください。

→言葉責めをうまく使うと、男も、女も、セックスをより楽しめる

 

関連記事

熟女ブームで脚光を浴びたタレント藤田紀子さんの若さを保つ秘訣

「一緒にいる人を心地よくしたい」という思い ある若手お笑い芸人のかたとの仲が、テレビなどで取り

記事を読む

最近では若い女性で尿失禁の人が増えている

筋力の低下が原因 東京の成城松村クリニックには、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れますが、

記事を読む

射精したくてあたりまえ!萎えたらもはやオス失格

本来の循環が断たれると、心にも体にもよくない 最近、テレビや雑誌などで、セックスレスの問題がし

記事を読む

昭和の性愛から学ぶ、セックスレス解消テクニック

昭和の性愛に貴重なヒントがある AV監督のヘンリー塚本さんは、ポルノ映像作家として、30年間、

記事を読む

中高年も意外と性生活を堪能している

中高年男性の約8割女性の約7割は積極的 セックスレスで悩む人がふえているという指摘がある一方、

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑