*

AV男優しみけん直伝!「改良版・ロールスロイス」のポイント

公開日: : 性力アップのために

激しく腰を振る必要は全くない!

改良版・ロールスロイスなら、少ない負担で気持ちよさを得られるはずです。

僕は今、「肩をつかむことを忘れないで」と強調しましたが、実は、これが重要なテクニックです。よく「ひさしぶりにセックスしたら疲れた」とか、「腰が痛くなった」という声を聞きます。

ですが、僕は、ほぼ1年じゅう、少なくとも1日に二つの現場でセックスをしていますが、疲れませんし、腰が痛くなったこともありません。

それには理由があります。AⅤをご覧になったかたは、男優がものすごく激しく腰を振っているイメージがあるかもしれません。しかし、実際は、そうではないんです。男優が激しく腰を振っているイメージが、視聴者の興奮をあおるため、そう見えるよう工夫して映像を撮っているのです。

確かに、性器どうしの結合を接写する場面では、激しく動いているところを映し出しますが、それは例外。大半の動きでは、そんなに激しく腰を動かしていません。ペニスのストローク自体は、非常に短いのです。

大事なのは、この短いストロークのベクトル(力の向き)が、女性の性感帯に的確に刺激を伝えているかどうかです。

 

 

こんな感じでやってみください。まず最初に、膣のいちばん奥までペニスを挿入します。そこで、女性の気持ちのいいポイントを探します。たいていは、膣の奥にある子宮口の「ポルチオ性感帯」と呼ばれる部分がそれに当たります。

そこを見つけたら、ペニスの力がまっすぐそこに伝わるように、短いストロークでペニスを動かします。

このとき、ペニスの力がよその方向に逃げないように調整するために重要なのが、女性の肩をしっかりつかむことです。ロールスロイスの場合も、まさにそれで、後ろから女性の両肩をつかむことで、ペニスの挿入のベクトルを、腰の奥のポイントから逃がさないようにしています。

こうすると、短いストロークで腰を振るだけで、じゅうぶんな快感を女性に与えられて、しかも、疲れません。

皆さんも、今度AVを見る機会があったら、男優が女性の肩をつかんでいないかチェックしてみてください。実は、そこに、疲れない、腰も痛くならない、しかも女性に快感を与えられるセックスの極意が隠されているのです。

→AV男優しみけんが教えてくれる女性に快感を与えられるセックスのテクニック

関連記事

昭和の性愛から学ぶ、セックスレス解消テクニック

昭和の性愛に貴重なヒントがある AV監督のヘンリー塚本さんは、ポルノ映像作家として、30年間、

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録する装置は非常に高いものですから

記事を読む

中高年も意外と性生活を堪能している

中高年男性の約8割女性の約7割は積極的 セックスレスで悩む人がふえているという指摘がある一方、

記事を読む

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病

記事を読む

言葉責めをうまく使うと、男も、女も、セックスをより楽しめる

今の状態や快感を口に出して訴えることが基本 女性向けのエッチ系漫画やロマンス小説をのぞいてみる

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑