*

腹筋と肛門括約筋を鍛え男女ともに性感が高まる「性カアップ体操」

公開日: : 最終更新日:2017/09/17 性力アップに効く運動・動作

女性が快感を得るには腹筋が特に重要!

そもそも、男性は、自分の体に興味を持っていないものです。苦しくなるほど物を食べたとき、胃袋の存在を感じるくらいが関の山でしょう。

これに対して、女性は生理があるために、「自らの体は、自らの意志ではコントロールできない」と認識しています。生理はある時期まで不可避であり、軽くしたり重くしたりできないからです。

セックスという点で見ても、多くの男性は自分でコントロールできる、とたかをくくっています。なぜなら、下を見れば自分のペニスがそこにあって、自分で握れるから。ペニスを使えば、女性を気持ちよくさせたり、イカせたりすることができると考えているのです。

 

 

性感もアップさせることができる

最近、男が弱くなったとか、若者が草食化したとかいわれています。しかし、世の中のオジさんたちの根底には、自分=男根=力の中心、という考え方があり、自分自身の性はもちろん、欲望の対象となる女性についても、自らのペニスで支配できるという「信仰」が残っています。

むろん、こんな倣慢な信仰は、必ず瓦解する日がやってきます。誰でも、年を取れば性力は弱まり、いつかは勃たなくなるからです。そのとき初めて、自らの体は自らの意志でコントロールできないことを身をもって知ることになります。

こうなると、「俺は男だ!」みたいなマッチョな男性のほうが、特にダメージは大きい。男としての自信をなくした結果、本格的なEDになってしまう人も少なくないでしょう。

実はそうなったらなったで、考え方を変える方法もあるのですが、それについては別の機会にして、今回は、非常に効果的な「性カアップ体操」をご紹介します。これは、肛門括約筋と腹筋を同時に鍛えることで、勃起力を高める体操です。

肛門括約筋も腹筋も、自分でコントロールできます。これらの筋肉を鍛えることで、性力減退を予防・改善するだけでなく性感もアップさせることができます。女性もぜひお試しください。

よりよい射精ができるようになる

女性の場合、肛門括約筋を締めることが、膣の締まりを強化するのに役立つことは、ご存じでしょう。それに劣らず大事なのが、腹筋です。

女性が、いわゆるポルチオオーガズム(子宮頚部への刺激で到達するオーガズム)に達すると、膣の奥で腹筋が痙攣し、ビクビクするのがわかります。ポルチオオーガズムは、クリトリスなどによって感じる快感と比べ、全身的でより深い快感だとされています。

つまり、腹筋を鍛えることは、このより深い快感の下支えをするために、とても重要なことなのです。

男性の場合、肛門括約筋や腹筋を鍛えることは、性カアップを意味します。肛門括約筋を締め上げることで、男の射精器官の一つである前立腺を刺激し、活性化できるのです。

加えて、腹筋を鍛えれば、両者の相乗効果によって、よりよい射精ができるようになり、深い快感を味わえます。

→男性も女性も性感が高まりセックスレスが自然に解消する「性カアップ体操」

関連記事

お灸による足ツボ刺激で充実した性生活

足の三里へのお灸で丈夫な足腰を維持 福岡県久留米市在住の獣医師・保坂虎重先生は、はこれまで、牛

記事を読む

「絶倫呼吸」のおかげで回数がふえたうえ、セックスにかける時間も大幅に長くなった

絶倫呼吸で3時間もセックスを堪能でき回数もふえた千葉県 41歳 自営業 男性の方の体験談です

記事を読む

最近元気がない人、衰えが著しい人は「絶倫呼吸」で性力アップ

男はペニス、女は膣から放水するイメージ 「絶倫呼吸」をくり返すことで、いくつになっても、肛門括

記事を読む

バイコロビクスのED撃退プログラムの方法

ママチャリの場合はギア付きを使うとよい 50歳以上のED患者の約80%は、動脈硬化や糖尿病など

記事を読む

バイコロビクスのED撃退プログラムで血流の悪さを改善

生活習慣病を根本的に改善できる 50歳以上のED患者の約80%は、動脈硬化や糖尿病などの生活習

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑