*

撮影現場で自慰行為をしているAV監督の二村ヒトシさん

公開日: : 性力アップのために

出演者が興奮していないAVはダメ

AV監督の二村ヒトシさんは、もともとはAV男優でした。この仕事を始めた理由はとてもシンプル。根がスケベで、お金をもらってセックスしたかったからです。それで二村さんは大学を中退し、本格的に男優として仕事をするようになりました。

その後は、男優をする以外に、監督としてAVを撮るようになりました。これまでに、おそらく500本くらいの作品を撮っていると思います。

二村さんの場合、ほかの監督さんとちょっと違うところがあります。撮影現場でオナニーしながら監督をしているんです。こんなことをするのは、たぶん二村さんだけでしょう。もともと男優ですから、現場でナニを出すことに
は抵抗がないんです。

実際には、男優さんと女優さんがセックスしているところを、監督としてモニターでのぞきながらオナニーするんです。

 

 

こういうスタイルだと、ときには、「二村さんはふざけている」などと男優さんたちからいわれることもありますが、二村さんは、いたって大まじめ。

AVを見る人は、当然AVを見ながらオナニーをしている。ならば、それに対して誠実でありたいというのが二村さんの考えなんです。そもそも、出演者が興奮していないAVは、ダメだと思っているんです。

実は、AVで画面に最も出やすいのが監督の興奮。だから、女優さんには、「カメラを僕の目だと思って、男優さんのオチンチンを僕のオチンチンだと思ってセックスしてください」と伝えます。撮影しながら、二村さんがムラムラして気持ちいいと思えば、それは、AVを見てくださっているかたにも伝わると思っているからです。

二村さんは現在、52歳になりますが、性欲は旺盛で、ヤりたくてヤりたくてしかたがない状態です。性力維持のために、特別な精力剤や勃起改善薬にはできるだけ頼らないように心がけています。

→AV監督の二村ヒトシさんが教えてくれる勃起力向上法

関連記事

新しいタイプの抗うつ剤として開発された薬に、早漏の改善効果もあると注目

恥ずかしくてなかなか実践できない 早漏を一般的に定義することはむずかしい問題です。相模原市やじ

記事を読む

元AV女優特性!勃起力が向上する「性力アップジュース」

AVというのは作り物 竹下ななさんは、かつてAV女優だった経験を生かし、現在はセックスカウンセ

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録する装置は非常に高いものですから

記事を読む

クンニリングスの理想的なやり方で女性との関係が一変する

ペニスは衰えるが舌は進化する 男性は、加齢とともに勃起カが衰えてきます。勃起力は挿入の可否を左

記事を読む

男性が考え方を少し変えるだけで、女性は大きく変わる

中高年向けの新しい性に対する提案 最近、週刊誌などで、中高年のかたにセックスを奨励する記事が目

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

仕事ができる男は女にモテる

”仕事ができる男は女にモテる” これはまさに真理、だれも

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてま

→もっと見る


PAGE TOP ↑