*

自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

公開日: : 性力アップのために

春画は当時の情報誌の側面も併せ持っていた

江戸の町は、たびたび大火で焼かれたため、人々は、極めて刹那主義的でした。一寸先は闇だからこそ、人々は、折々の雪月花を楽しみ、歌を歌い、酒を飲み、享楽に浸ったのです。江戸っ子の最大の望みは、できる限り早く隠居して、好きなことだけやって暮らすことでした。

性は、まさに、そのなかでも最高の享楽であったのです。春画は、その性の世界をより深く味わうための大事な手段だったといっていいでしょう。

春画を観ることで、私たちは、江戸の人たちのおおらかな性にふれることができます。春画からは、性別、年齢、身分、貧富を問わず、人々がスポーツのように性を謳歌している様子がうかがえます。

描かれる人物の組み合わせも、実に多岐にわたります。男女以外に、男と男、女と女といった組み合わせがあるのは当然として、例えば、高貴と高貴(殿と姫)、高貴と下賤(姫と小姓)、下賤と下賤(下男と下女)、素人と玄人(客と遊女)などなど。

さらに人以外では、人と骸骨、人とタコ、女神と男神など、それこそありとあらゆるバリエーションが存在します。

 

 

これだけ多様な組み合わせがあるとわかるのも、春画に描かれる大半が、着衣によるセックスだからです。着ている物によって、身分や状況を読み取ることができるのです。春画は、いわば、当時のファッショントレンドを伝える情報誌の側面も併せ持っていました。

春画に興味を持った皆さんは、春画に書かれている詞書を読むこともお勧めします。詞書には、変体仮名が使われていますが、詞書を読めるようになれば、春画をより深く楽しめるようになるはずです。

これまでヨーロッパでは、何度も春画ブームが起こってきました。生の喜びが漲り、いきいきと、そして堂々と性を謳歌する様を凝縮した春画は、海外の人々を魅了してきました。

そして2015年の秋、日本にもその波が来たのです。永青文庫(東京都文京区)で、日本初の本格的春画展が開催され、来場者が20万人を突破しました。

ついに、私たち日本人が、自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきたのです。

→江戸時代のおおらかなセックス感の象徴「春画

関連記事

「幸せホルモン」を分泌してセックスレスを解消!

セックスは幸せに長生きするために必要不可欠な行為 私は、どんなに長い間いっしょに暮らしていても

記事を読む

セックスレスの解消のために寝室を改善しましょう

ハレの日を独自に演出しよう 決して仲は悪くないのに、セックスだけがない。したとしても「盆と正月

記事を読む

「愛のエキスサプリ」には代表的な強精素材が11種類もぎっしり

すべてが天然成分 「愛のエキスサプリ」を切らしたことがないという森田さんですが、それもうなずけ

記事を読む

自分で注射できる海綿体注射療法はバイアグラ以上?

バイアグラ難民を救う海綿体注射療法 男性にとって、精力増強は古今東西を問わず共通の願いなだけに

記事を読む

年をとっても無理なくでき快感が数倍に高まる「完全体位」

男性と女性とでは感じ方が違う セックスの体位は俗に「四十八手」、あるいは表裏合わせて「九十六手

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑