*

江戸時代のおおらかなセックス感の象徴「春画」

公開日: : 最終更新日:2017/09/03 性力アップのために

傑作春画が次々生み出されることになった

春画とは、性の営みを描いた浮世絵の総称です。我が国の春画の歴史は古く、奈良時代の法隆寺金堂の天井にも、当時描かれたと思われる、エロティックな落書きが残っています。

平安期には、中国から、性愛の手引き書として彩色画が伝わり、その影響を受けた日本の絵師たちも、同様の絵を描くようになりました。その後、春画が大きな発展を遂げたのは、江戸時代。浮世絵版画の発達とともに、春画も木版画で常られ、大量に出回るようになりました。

あまりにも春画の人気が出すぎたため、8代将軍徳川吉宗の時代、「好色本禁止令」が出されます。しかし、反骨精神が旺盛な江戸っ子は、店頭で春画が販売できなくなると、春画本を秘密裡に制作して販売するようになります。

そして、検閲を受けないことを逆手に取り、きわめて賛沢な作品が作られるようになって、傑作春画が次々生み出されることになったのです。

 

 

現代では、春画はエロティックで低俗と見なされがちですが、江戸時代では、春画を手がけてこそ、一流の証と見なされました。わずか10カ月の活動期間で消えた東洲斎写楽を除いて、鈴木春信、勝川春草、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国貞といった有名絵師たちが、数々の傑作春画を残しているのもそういうわけです。

江戸時代に制作された春画は、おおよそ2000~3000点もあったといわれています。使用目的としてまず挙げられるのは、鑑賞用ということになりますが、現代と違うのは、タブー感が希薄な点です。

風紀上よろしくないという理由で、発売禁止になっているのですから、まったくタブー感がないわけではありません。しかし、明治を境に西洋的倫理観を植えつけられるまで、日本人は、性に対して、非常におおらかな国民でした。

春画を観ることによって子作り方法を学ぶ

地方では、夜這いや祭りの日のフリーセックスはあたりまえ。男余りの江戸の町では、素人女性が大モテ。町娘たちは、恋文を寄越す男性のうちから恋人を選びますが、なかには「味見」をしてから選ぶ強者も。おかみさんたちは、離縁されたところで引く手あまたですから、浮気なんてし放題…。

このような文化的背景のもと、春画は1人でこっそり楽しむものというより、老若男女、を問わず、数人で見せ合ったり、同会する2人で性技の手本としたり、という鑑賞方法がメインだったのです。

大名家や裕福な商家の娘の嫁入り道具として、肉筆の春画を持たせる習慣もあったほど。これは、春画を観ることによって性技を学び、性欲を奮い立たせ、子作りに励むようにとの親心といえます。

また、春画は、「勝絵」とも呼ばれ、お守りの役割も担っていました。商家では、火災除けのおまじないとして、蔵に春画を置いたり、虫除けに長持ちに入れたりすることもありました。

→自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

関連記事

恋愛にセックスに臆病になるな

ときめくことが大事 人を好きになると、たとえ結婚まで至らなくても、その前に、いろいろなステージ

記事を読む

漢方で男性力をアップ

できることなら射精はしない 漢方とひとことでいっても、漢方薬や鍼、灸、薬膳というように、いろい

記事を読む

AV男優が教えてくれる女性を喜ばせるテクニック

太くて硬ければいいわけではない 皆さん、男のペニスは、「硬いほうがいい」「大きいほうがいい」「

記事を読む

勃起や射精がダメでもあきらめない

回数を重ねるうちに復活する人も カリスマソープ嬢の愛花氏は、多くのEDの男性を接客してきました

記事を読む

撮影現場で自慰行為をしているAV監督の二村ヒトシさん

出演者が興奮していないAVはダメ AV監督の二村ヒトシさんは、もともとはAV男優でした。この仕

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑