*

前立腺肥大症の改善とEDの改善は同じアプローチ。勃起改善薬を積極使用してもいい

公開日: : 性力アップのために

勃起のじゃまをするPDE15

前立腺肥大症を治療するために、2014年1月から、新たに国内で認可された治療薬があります。それが、「ザルティア」です。

このザルティアを使うと、前立腺肥大とともにEDの改善も期待できます。そもそも、このザルティアは、名前こそ違いますが、勃起改善薬として知られるシアリスと全く同じものだからです。

勃起改善薬が、勃起を促すしくみは、次のようなものです。

脳が性的な刺激をキャッチすると、脳から陰茎の神経に指令が伝えられます。すると、陰茎の神経から、「サイクリックGMP」と呼ばれる物質が生成されます。このサイクリックGMPがふえると、陰茎の血管が拡張し、そこに血液がどっと流れ込み、勃起が起こります。

一方、このサイクリックGMPを分解する酵素「PDE-5」というものが存在します。これが働くと、勃起が起こりにくくなってしまうのです。

シアリスやバイアグラ、レビトラという勃起改善薬は、勃起のじゃまをするPDE15の働きを阻害して、勃起を促します。

 

 

前立腺肥大症の改善とEDの改善は同じアプローチ

さて、研究が進むにつれて、このPDE-5という酵素が、尿道や前立腺などにも存在することがわかってきました。そこで、PDE-5の働きを阻害する薬を使えば、尿道や前立腺の血流を改善させることができます。すると、酵素もより多く供給されるようになるため、前立腺肥大による排尿障害の改善につながるのです。

つまり、前立腺肥大症の改善と、EDの改善は、同じアプローチだといえるのです。

いずれにしても、50歳以降、前立腺肥大症にかかるリスクは、ますます大きくなっていきます。前の記事に挙げたような前立腺肥大症の自覚症状があるかたは、ザルティアを試してみてはいかがでしょうか。

ただし、ザルティアを使うには、いくつかの厳しい条件がついています。それは、満50歳以上であること、きちんとした医療機関で尿量測定や残尿測定、前立腺超音波検査などの検査を受け、前立腺肥大症と診断されていることです。

勃起改善薬は血管の若返り薬

こうして、前立腺肥大症と診断され、その改善薬であるザルティアを使えば、同時にEDが改善する可能性があるのです。

以前から、このサイトでは、高齢者にとってのセックスの重要性を強調してきました。バイアグラなどの勃起改善薬についても、全身の血行を促すため、EDの改善だけでなく、「血管の若返り薬」として健康維持に役立つことをお話ししてきました。

中高年以降でEDに悩むようになったら、勃起改善薬に頼るのは、決して恥ずかしいことではありません。むしろ、健康を守るという意識から積極使用してもいいと考えています。一度きりの人生ですから、どうかいつまでも、豊かで健やかなセックスを楽しみましょう。

→前立腺肥大がひどくなるとEDも悪化する

関連記事

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男性ホルモン)が減少してホルモン

記事を読む

陰茎をソーダ水(炭酸水)につけると性力が増強できる

陰茎血管の拡張力を高めることに役立つ 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生はこれまで、さまざ

記事を読む

ペニスが硬くならないと悩んでいる人でも、挿入が可能になる方法

  不埒なエロじじいのほうが確実に長生き! 100歳を超えた人に、長寿の秘訣を

記事を読む

女医が勧める、女性がイキやすくなる体位は「騎乗位」

男女ともセックスに対する向上心が必要 男性が自分の快感の追求に夢中になっているとき、感じたふり

記事を読む

セックスの最中に「相手をその気にさせる言葉」「言ってはいけない言葉」とは

名前を呼んでもらうことがいちばんうれしい セックスにおいて、言葉というものは、非常に大きな意味

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

仕事ができる男は女にモテる

”仕事ができる男は女にモテる” これはまさに真理、だれも

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてま

→もっと見る


PAGE TOP ↑