*

声に出して読む官能小説で妄想がふくらみ興奮は高まる

無言で体をまさぐり合っています

20歳の女子大生だった内藤みかさんが、処女作『愛液研究室』で官能小説家としてデビューしたのは、平成5年のことです。

官能小説を買ったこともなければ読んだこともなかった内藤さんが、なぜ官能小説家になったかというと、失恋がきっかけでした。大好きだった彼と、「あんなことしたかった」「こんなはしたないことも…」。その思いのたけ、妄想を「これでもか!」というくらいぶつけたのです。

多くの男性は、女性が官能小説を手にとることなどめったにない、と思っているのではないでしょうか。しかし昨今では、インターネットでも本が買えるようになり、官能小説を読む女性もふえているようです。

内藤さんの小説にも主婦層を中心に読者がふえ、意見や感想などをメールでもらう機会もふえました。2~3紹介してみると、

「内藤さんの小説を独りでこっそり読んでいたら、体が火照ってどうしようもなくなりました。主人が帰宅するなり、いきなり迫ってしまいました」

「寝しなに夫と読んでいます。静かな興奮が二人に訪れ、そのまま無言で体をまさぐり合っています」

など、読んでいて興奮してしまうような内容のものも少なくありません。

 

 

いつまでも周囲に色気を感じさせる

さらに、”上級者”夫婦からは、「ここぞと思う場面を、主人公になりきって声に出して読み合い、興奮を高めていきます……」というメールもいただきました。

このような女性読者の生の声を聞くようになり、内藤さん自身、あらためて感じたことがあります。それは、女性はマスターベーションのために官能小説を読むのではなく、何よりも、ドキドキするために読むのだということです。男性には、この点を認識しておいてほしいと思います。

ときめく心(つまりドキドキ)を持つ人は、男であれ女であれ、何歳になっても、いつまでも周囲に色気を感じさせることができるはずです。

内藤さんのお母さんなども、とりたてて美人ではないのですが、町なかでしばしば、見知らぬ男性に声をかけられます。

人生、灰になるまで心をときめかせ続けたい

あるときなど、内藤さんと二人で歩いていたときに、見知らぬ男性がお母さんに声をかけてきました。隣にいる内藤さんには、見向きもせずにです。お母さんは丁重にお断りしましたが、「なんてったって、私は女を磨いてますからね」と、鼻高々でした。

お母さんが女を磨く相手、ときめきの相手は、父ではなく、実は歌手の谷村新司さんです。コンサートによく出かけていっては、「新司さま~、今日もすてきよ~」と、うっとりとした目をして帰って来ます。そのときの肌ツヤのいいこと、なめまかしいこと。

悔しい思いもしますが、同じ女として、内藤さんはこんなお母さんを本当にすばらしいと思います。生理があがろうと、スペルマが粉になろうと、女は女、男は男です。人生、灰になるまで心をときめかせ続けたいものです。

妄想がふくらみ興奮は高まる

さて、話は戻りますが、そんなときめきを保つ手助けとして、内藤さんは官能小説を読むことを勧めています。

たとえ独りで部屋にいても、官能小説のページをめくって目で文字を追えば、妄想がふくらみ、興奮は高まります。その妄想と興奮が、あなたの魅力をより磨くことでしょう。

前述の例のように、パートナーといっしょに主人公になりきって、声を出して読むのもおすすめです。一度きりの人生に食わずぎらいは損です。「そんなことできるか」と顔をしかめる前に、未知の扉を開けてみてはいかがでしょう。これまで体験したことのない、すばらしい世界が見えてくるかもしれません。

慣れてきたら、恋愛ものや童貞・処女もの、SMものなどの、自分の性的嗜好を満足させてくれる本を探してください。

「ああああッ、ああ、太い、太い」

それでは、内藤みかの最近の著書のなかから、ドキドキするための官能小説をいくつかご紹介しましょう。
『三人の美人課長』より抜粋

(ああ…すごい)

彼のペニスの反りかえり具合を見るだけで、じんわりと美和の秘芯が濡れはじ
めている。夫とのセックスの時は、勃起したペニスを見ただけではこんなに女
汁を漏らしたりはしなかった。

(中略)

美和は、そろそろと右上チを伸ばし、彼のペニスを手のひらで直にくるんでみ
た。

(ああ……熱い)
フランス書院文庫

『人妻パラダイス』より抜粋
「ああああッ、ああ、太い、太い」

たちまち、畷り泣きのような声が上がる。

孝之は、肉棒を打ち下ろし続けた。ぎちぎちと蜜壁が乳む。麻子のヴァギナは
狂おしく男を求めて潤っていた。

(中略)

「もっともっと、もっと突いてぇッ!」

ずちゅ、ずちゅ、と秘壷が唸り、孝之も一心に膝を屈伸させた。
マドンナメイト文庫

「私立海浜学園』より抜粋

細かく舌を動かしながら、奈美子はエ藤自身を何度も吸った。久しぶりのペニス
だ。垂直に伸び、歪みがないエ藤らしいそれが、舌にぴったりと取りついてくる。

「先生がいっぱい舐めてあげるからね」

奈美子は首をいっぱいに伸ばし、何度もしゃくりあげてやると、エ藤は鋼鉄のよ
うにペニスを固くさせ、カグカグと自ら腰まで使い始めた。
コスミック文庫

関連記事

セックスができるというのは健康の証。脳を活性化し、前立腺肥大も予防

46歳~55歳は8日に1回 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生は、以前から年代別のセックス

記事を読む

言葉責めをうまく使うと、男も、女も、セックスをより楽しめる

今の状態や快感を口に出して訴えることが基本 女性向けのエッチ系漫画やロマンス小説をのぞいてみる

記事を読む

バイアグラのジェネリックや人気のシアリスなどED治療薬も種類が豊富

バイアグラにはジェネリックも 内服するED治療薬の代表といえば、99年に日本で初めて承認・発売

記事を読む

腸内フローラを整え、腸を元気にすることは、性力アップにもなる

ヒトの性器は腸から分化した! 東京医科歯科大学名誉教授で医学博士の藤田紘一郎先生は、長年にわた

記事を読む

熟女ブームで脚光を浴びたタレント藤田紀子さんの若さを保つ秘訣

「一緒にいる人を心地よくしたい」という思い ある若手お笑い芸人のかたとの仲が、テレビなどで取り

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

仕事ができる男は女にモテる

”仕事ができる男は女にモテる” これはまさに真理、だれも

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてま

→もっと見る


PAGE TOP ↑