*

忙しい人にお勧めの性力アップ食品は「缶詰」

特に懸念されている物質が「リン酸塩」

「なんだか最近、あっちのほうはサッパリ元気がないなあ」なんて、男性機能に自信が持てなくなっている皆さん。まずは、ご自分の食生活をちょっと振り返ってみてください。

もしかして、日ごろ、忙しさにかまけて、ついカップ麺やコンビニ弁当ばかり、なんてことになっていないでしょうか。

日々の食事内容は、男性機能に大きな影響を及ぼします。カップ麺やコンビニ弁当などに食事が偏ると、懸念されることがいくつかあります。

①食品添加物の影響

②動脈硬化の進行

③栄養素不足

食品添加物の中でも、特に懸念されている物質が、「リン酸塩」です。

リン酸塩は、食品にふわっとした食感を出したり、とろみをつけたり、しっとりした保湿感を出したりするなど、さまざまな効果があります。そこで、ソーセージなどの加工肉やインスタント食品などに頻繁に使われています。

しかし、リン酸塩は、ミネラルの吸収を阻害し、体外に排出してしまう悪い作用があるとされています。その結果、男性機能を維持するためにとても大事なミネラルである「亜鉛」などが、吸収されずに体外に排出されてしまう恐れがあるのです。

 

 

トランス脂肪酸は精子をへらすと判明

第2に、カップ麺や加工食品には、動物性脂肪(飽和脂肪酸)やトランス脂肪酸が多く含まれています。

ハーバード公衆衛生大学院が2010年に行った、健康な男性209名を対象にした調査によれば、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸をたくさんとっている男性ほど、精子数や精液量が少なくなるという結果が報告されています。

コンビニ弁当や揚げ物、加工肉ばかり頻繁にとっていると、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を多く摂取することになります。その結果、血中コレステロールがふえ、血液をドロドロにして動脈硬化を進行させる要因となります。動脈硬化が進行すると、その影響がいち早く現れるのが、男性のペニスです。

なぜなら、人間の全身の動脈のうちで、ペニスの陰茎海綿体の血管は、最も細い血管だからです。血液がドロドロになって動脈硬化が進むと、血管が詰まりやすくなり、結果として、EDが起こってくるのです。

さらに、コンビニ弁当などにより摂取する栄養が偏れば、亜鉛などのミネラル自体が不足することから、男性機能に悪い影響が出てしまいます。

トマトは缶詰のほうが有効成分を効率的に摂取できる

とはいえ、「毎日忙しくて、カップ麺しか食べられない」というかたに、よい方法をご紹介しましょう。お勧めなのは、「缶詰」です。特に、イワシ、サバ、サンマなどの青魚の缶詰や、カキを筆頭とする貝類、イカ、トマト缶などです。

缶詰を勧める理由はいくつかあります。

まず一般的に、缶詰は、空気を抜いて、真空状態で密閉されるために、保存料を入れる必要がありません。缶詰というと、健康に悪いイメージを持つかたもいらっしやいますが、食品添加物を摂取するリスクをへらす点では役立ちます。

また、缶詰にされる場合は、最も栄養価が高い時期である旬のものが使用されます。例えば、缶詰にされるトマトであれば、有効成分の一つであるリコピンの含有量が、最大値のものが使われることが多いのです。

つまり、生のトマトを食べるよりも、トマトの缶詰を食べるほうが、有効成分を効率的に摂取することができます。

そして、なにより、先ほど列挙した食品に含まれる、有効成分の効能が見逃せません。

青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸) やEPA(エイコサペンタエン酸)という、オメガ3系の不飽和脂肪酸が含まれています。オメガ3系の脂肪酸は、血液をサラサラにして、動脈硬化の予防に役立つことが知られています。

亜鉛の摂取にはカキの缶詰が最適

さらに、カキやアサリ、ハマグリ、ホタテといった貝類には、男性機能の維持に欠かせない亜鉛が多く含まれています。100g中に含まれる亜鉛の含有量は、缶詰のカキが25・4mgでダントツ。アサリ3・4mg、ホタテ2・7mg、ハマグリ2・5mgと、貝類は全体的に豊富に亜鉛を含むので、大いに活用してください。

また、コンビニでは、イカの煮物缶などもよく見かけますが、イカには、タウリンという成分が豊富に含まれています。タウリンは、肝機能を高め、疲労回復を促進し、性カアップにも役立つことで知られています。

前述したように、トマトには、強力な抗酸化作用を発揮する「リコピン」という色素成分が豊富です。トマトを積極的に摂取すれば、血管の老化を食い止める効果が期待できます。血管の若さや血流量は、男性機能を維持するうえで不可欠といえます。

ここで一つ注意したいのは、塩分です。血圧が高いかたは、煮汁をとらないようにしましょう。また、缶詰の食材はじゅうぶんに味が染み込んでいるので、軽く水でゆすいで食べるとさらにいいでしょう。

缶詰の食材とサラダを組み合わせるなどして、性カアップに努めてください。

関連記事

AV男優が食べる性力増強食は「レバニラ炒め」

標準サイズのほうが痛くないと好まれる 学生時代、AV男優になりたかった千葉豊さんは、志願してこ

記事を読む

精力つけるならヤマイモがおすすめ

まざまなテクニックを駆使しパートナーを喜ばせましょう 江戸時代の儒学者で、本草学者でもある貝原

記事を読む

医学界でも注目しているタマネギの男性ホルモン増加作用

タマネギは「精のつく野菜」 東海大学名誉教授の西村弘行先生は長年、タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニ

記事を読む

全身の活力を高める組み合わせの「酢ニンニク」

性的なパワーの維持や回復に直接役立つ 酢にニンニクを漬け込んで作る酢ニンニクは、生活習慣病の改

記事を読む

朝立ちがしなくなったらタマネギとニンニクで男性ホルモンを活性化

EDは心筋梗塞や脳梗塞の初期症状 男性の場合、年齢を重ねるにつれて、早朝勃起、いわゆる朝立ちの

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑