*

安くて効果抜群!AV男優おすすめ「生卵の丸のみ」で性力アップ!

飲むきっかけは「ロッキー」のまね

AV男優をやっております、志良玉弾吾(しらたまだんご)といいます。インパクトの強い名前がいいということで、あるAV女優さんにつけてもらったんです。この妙な名前はご存じなくとも、AVをよく出見ているかたなら、ああ、この男の顔なら見たことがあるかもしれません。

私は、43歳になりますが、月に15~20本の現場をこなしてます。ズバリ、その性力絶倫の秘訣として、私が自信を持ってお勧めするのが「生卵」です!

最近では、AV男優の多くは高いプロ意識を持っています。きちんとサブリを飲んだり、食事にもいろいろ気を遣ったりなんていう人が少なくないんですね。ですが私は、そういう意味では、食事にはあんまり気を遣いません。そもそも、食が細いほうなので、たくさんは食べられないんです。

そんな私の、唯一の性力増強法が「生卵を飲むこと」です。

もともと、生卵を飲み始めたきっかけは、シルベスター・スタローンの映画『ロッキー』を見て、感動したことでした。

世界ヘビー級チャンピオンであるアポロとの対戦のため、トレーニング中にジョッキに何個も生卵を入れ、一気飲みするシーンがありました。あれを見て、マネした人がたくさんいるんじゃないかと思います。私も、その1人(笑)。

 

 

プロとしての自覚が芽生えた

そのときは、性力を高めるなんていうのではなく、ロッキーのように強くたくましくなりたいと思っただけなんです。なにしろ、まだ10代でしたから。

その後私は、20歳そこそこで、AVにデビューしました。実は、それは借金返済のためでした。おかげさまで仕事が途切れることもなく、がんばってAVに出続けて、借金を返し終えることができました。

すると、気が抜けたのか、とたんにスランプになっちゃったんですね。エロくてきれいな女優さんと現場で会っても、ムスコは元気を失ったまま。もとはといえば、AVは、私にとって借金返済のための腰かけみたいなもので、プロで本気でやっていく覚悟がなかったんですね。

でも、勃たなくなって初めて、「これじゃあマズイ」と考え直しました。やっと気持ちの切り替えができて、プロとしての自覚が芽生えたんです。

ロッキーを見てからというもの、毎日のように生卵は飲んでいましたが、それからは、性力を高めるために、意識して生卵を飲むようになりました。

朝と晩に、生卵を3個ずつ飲みます

ただ、30代に入ってからは、生卵を控えてきました。コレステロールのとりすぎは、体によくないと思ったんです。すると、性力が少しずつ弱ってきました。それこそ最盛期は、ひと月に50~60の現場をこなしていたのに、だんだんと朝立ちがなくなったんです。若いころとは違うなあと、そこはかとなく感じるようになりましたね。

そんなとき、最新の医学情報で、コレステロールはバランスよくとるほうが、健康にいいといわれていることを知りました。さらに、世界一の長寿のおばあさんが、毎日2~3個の生卵を食べ続けていることも聞きました。

それなら、また生卵を飲んでみようという気になったのです。それが、去年の秋のことです。私の場合、翌日に撮影があるとき、その前日の朝と晩に、生卵を3個ずつ飲みます。つまり、1日6個。卵にヒビを入れたら、そのまんま口に生卵を放り込みます。

それに飽きたときには、おわんに落としてかき混ぜ、ちょっとしょうゆを垂らして飲むこともあります。

やっぱり「生」がいちばんいい!

撮影は、現在でも毎日のようにありますから、ほぼ毎日生卵を飲んでいることになります。1日6個ずつ消費するので、近くのスーパーのおばちゃんには、「卵、お好きですねぇ」なんていわれています(笑)。

その後の効果はどうかって?ハッキリいって、生卵は効きますね。今では、毎日のように現場をこなしていても、朝立ちが復活してます。ペニスの硬さも完全に戻ってきたので、自分でもちょっと驚いています。精液の出る量もふえたんです。

実は私は、勃起改善薬というものが、苦手なんです。必要があって試したことがあるんですが、体質的に合わないんでしょうね。だから、バイアグラには頼らず、生卵のお世話になっています。

薬を飲むのをためらっている皆さんには、ぜひとも生卵をお勧めします。卵アレルギーがない限り、卵には副作用の心配はありません。しかも、精力剤やサプリメントよりはるかに安く、効果も高いんです。

生卵をそのまま飲めないかたは、例えば、牛丼やソバを食べるとき、生卵を2~3個のせてみるといいんじゃないですかね。もちろん、定番の卵かけご飯もお勧めです。

ただ、私の経験では、卵に火を通してしまうと、効きが悪いような気がします。やっぱり、「生」がいちばんいいと思いますねぇ。

関連記事

おっくうになっていた夜の生活がマヨもやしで戻り濃厚な夜を夫婦で満喫

夫婦生活にも好結果をもたらした自営業 47歳 男性の方の体験談の続きです。 たっぷりと時間

記事を読む

亜鉛が大量に含まれているカキで性力アップ

勃起機能の回復や精子の活性化に 性力を維持してED(勃起不全)を予防するために、まずお勧めした

記事を読む

50代で3人の子をもうけたパワーの源「ナルコユリ酒」

精力の減退は悪循環を招く 「病気でもないのに、いつも体がだるくて疲れやすい」「体力・気力がわか

記事を読む

忙しい人にお勧めの性力アップ食品は「缶詰」

特に懸念されている物質が「リン酸塩」 「なんだか最近、あっちのほうはサッパリ元気がないなあ」な

記事を読む

医者も勧める性力アップ食品「レバニラ妙め」

12時間前にレバニラ妙めを食べる スタミナがつくといわれているレバニラ妙めですが、より効果を高

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑