*

香港薬膳師が勧める「性力増強スイーツ」で中折れなし

公開日: : 最終更新日:2017/05/01 性力アップに効く食べ物・飲み物

体の状態に合わせた食べ物をとる

香港薬膳師のマダム晴子先生は、生まれも育ちも日本ですが、縁あって、香港在住の華僑である、ご主人の元に嫁ぎました。以来、一年の半分を香港で暮らし、残りを日本で過ごすという生活を送っています。

以前から、マダム晴子先生は薬膳師として、セックスレスでお悩みのかたのための性カアップレシピを提案してきました。今回は、性力増強に役立つスイーツを紹介します。

その前に、薬膳の考え方についてふれておきましょう。

中国では古来、食べ物は薬だと考えられてきました。いわゆる「医食同源」の考え方に基づき、体の状態に合わせた食べ物をとることで、健康を維持できるとされてきたのです。こうして長年の経験から積み上げられた薬膳料理のレシピは、中医学の「陰陽五行説」という原則にのっとって考えられています。

 

 

おなかに水がたまる人は中折れしやすい!

陰陽というのは、森羅万象を二つの性質に分類する考え方です。性の問題でいえば、陽が減じた状態が、ED(勃起不全)を引き起こすと考えられています。そこで、EDを改善するには、「助陽」、すなわち、陽を補うことが必要になります。

内臓は、さらに五臓(肝・心・脾・肺・腎)に分類されています。西洋医学の内臓と同じ名前ですが、東洋医学における五臓は、それとは異なります。内臓を含めた人体のさまざまな働きを、五つのグループに分類したものと考えたほうが適切でしょう。

この五臓のうち、セックスレスや性力減退の問題を考えるとき、重要なのが、肝・腎・脾の三つの働きです。これらの働きが弱ってくると、さまざまな性力減退の症状が起こります。

例えば、中折れという現象は、「脾に湿がたまって起こる」とされています。つまり、体によけいな水分がたまり、血液が薄まった結果として起こるのが、中折れという現象なのです。特に、水太りでおなかが出ている人、また、おなかに水がたまっているような人に、中折れは、しばしば見られるとされています。

性力増強のためにとても優れた食品

それでは、マダム晴子先生お勧めのメニューを紹介しましょう。「あんこたっぷりのヨモギ団子+杜仲茶」です。

ヨモギ、アズキ、杜仲茶は、いずれも性力増強のためにとても優れた食品です。それぞれについて解説しておきましょう。

中国では、インポテンツの改善の食材として、まず最初に取り上げられるのは、「鹿茸(ろくじょう)」すなわち、シカの角です。シカの角は、助陽の働きに優れ、EDの改善に効果が高いとされてきました。

しかし、シカの角は高価で、入手も困難で一般的ではありません。そこで、このシカの角の代用になるのが杜仲です。

シカの角に匹敵するパワーを発揮

杜仲は、中国原産の落葉高木で、その樹皮は、「杜仲」という生薬名で、医薬品としても用いられてきました。

杜仲は、肝、腎、脾の働きを助け、陽の働きを補うことで、EDを改善へと導いてくれるのです。

次に、ヨモギです。これは、キク科の多年草で、漢方では、その葉は、「艾葉(がいよう)」と呼ばれています。さまざまな効能があることが知られ、万能薬として珍重されてきました。

ヨモギは、肝、腎、脾の働きを助け、血を補います。これによって、性力増強に役立ちます。また、冷えを解消し、疲労回復を促します。漢方では、冷えは、性的機能を減退させると考えられていますから、冷えを解消する点からも、性カアップにつながります。

女性にとっても、ヨモギは大切な食材です。女性器の働きを整え、生理痛や生理不順などを解消したり、卵子の子宮への着床を促したり、生殖器に潤いをもたらしたりする効果があります。

体のよけいな水分が排出されて中折れ防止に役立つ

最後に、あんこに用いられるアズキです。アズキは、東アジア原産のマメ科の一年草で、漠方では、「赤小豆(せきしょうず)」といいます。特に、体内に滞った余分な水分を排出する効果が高いとされています。

体に余分な水分がたまった状態は、中折れの原因となります。アズキの働きで、体のよけいな水分が排出されれば、それが中折れ防止に役立つのです。

できれば、アズキのあんは、甘さ控えめのものを選ぶといいでしょう。砂糖を過剰に摂取することは、性力を弱めてしまう恐れがあるためです。

パートナーとのティータイムを楽しむのも香港流。スキンシップも深まるので、性力減退でお悩みのかた、性力増強スイーツをぜひお試しください。

関連記事

ピーナッツの常食で性力アップ!50代でも週5回は普通

ピーナッツを食べ始めた40歳代の後半に月に5~6回になった神奈川県 50歳 会社員 男性の方

記事を読む

性力がアップするムクナ豆の食べ方と注意点

一度に量を取り過ぎないようにする ムクナ豆を摂取することによって男性ホルモンが明らかに増加し、

記事を読む

全身の活力を高める組み合わせの「酢ニンニク」

性的なパワーの維持や回復に直接役立つ 酢にニンニクを漬け込んで作る酢ニンニクは、生活習慣病の改

記事を読む

ヤマイモが下半身の強壮に効果あり

日本でも古くから好まれてきた ヤマイモは体力を補う作用が高いので、漢方薬としては、老化防止や疲

記事を読む

酢タマネギのおかげで夫婦生活のほうは毎日でも大丈夫

酢タマネギで血圧が下がり、夜の生活も若いときと変わらなくなった東京都 50歳 男性の方の体験

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑