*

セックスの最中に「相手をその気にさせる言葉」「言ってはいけない言葉」とは

公開日: : 性力アップのために

名前を呼んでもらうことがいちばんうれしい

セックスにおいて、言葉というものは、非常に大きな意味を持っています。誰でも、行為の最中にいわれてうれしかった言葉、逆にショックを受けた言葉があると思います。

そこで、作家のマリリン満月さんのインターネットのサイトでのアンケートに寄せられた、さまざまな「名ぜりふ」を紹介しましょう。

まず、セックスのときに、自分の名前を呼んでもらうことは、男性でも女性でもとてもうれしいようです。

男女ともに「うれしかった言葉」のトップは「名前を呼んでもらったこと」で、「傷ついた言葉・失敗した言葉」のトップも「ほかの人の名前を呼んだこと」となりました。それにしても、どうして問違えるんでしょうか。みなさん、名前では泣き笑いがあるようです。

 

人は自分を特定されてほめられると、うれしい

いわれてうれしかった言葉の、具体例を紹介しましょう。案外、単純なものが多いのです。

「すごい!」「気持ちいい」「好き」「愛してる」「ありがとう」

こういったひとことは、誰がいつ使ってもすばらしい効果を発揮する魔法の言葉です。

「ピッタリだね!」「そうそうそうして!」「いっしょにイこう」というのも盛り上がるようです。

「もっと」というのは、盛り上がることもありますが、強要されている気がする人もいるようなので、「いいー」と、同意している感じがポイントかもしれません。

男性が使える魔法の言葉は、「かわいいよ」「キレイだね」。女性にとっての魔法の言葉は「すてき」「うれしいわ」などです。何度使っても、どこで使ってもいい言葉だと思いますね。

「〇〇じゃないとダメ・…⊥

男女を問わず、最も効果的な殺し文句がこれです。人は自分を特定されてほめられると、うれしいようです。

具体例としては、「〇〇だと安心する」「〇〇が大好きだから、こんなに体が反応する!」「〇〇さんが悦びを教えてくれた」「〇〇さんのおかげで満たされている」「〇〇のペニスがいちばん気持ちいい」などなど。

これらの言葉は、男女とも共通して使えます。ただし、実践するときには、くれぐれも名前を間違えたりしないようご用心!

「これで失敗」意外に口にしている禁句

一方、「失敗した~」という言葉も知っておいて損はないでしょう。「もう?」「もっと」「また?」「早く」

男性が失敗したケースとしては、「もう終わっていい?」「もっと締めて」というもので、回数や持続力、技術に関することは、お互いにいってはいけないのでしょう。

女性が口にして失敗したものの上位にも同じような言葉が並びます。それぞれをくわしくいうと、「もう終わったの?」「またするの?」「早く終わって」というところです。「もっとして!」で成功している女性もたくさんいるようですが、男性によってはプレッシャーになりかねません。

「小さい」「ゆるい」これは、あたりまえですが、肉体的なことをほめるのはともかく、欠点を指摘してはいけません。「ペニスが小さい」「バストが小さい」など、みなさんいいたいほうだいですが、相手は傷ついています。

「ペチャパイだなあ」「ゆるいんだよ」「もっと大きくならないの?」「もっと奥に入れてよ」などなど。もう最低です。パートナーはオナニーの道具ではないので、考えを改めましょう。

ほめ言葉をふだんからなるべく口に出す

精神的な面でいってはいけないひとことにも気をつけたいものです。「前の相手と比較された」「前の彼女のことをきくから答えたのに、キレられた」などで、二人の甘い時間に、ほかの人の話をしてはいけません。たとえ、きかれても、本当に答えてはいけないということです。

また、言葉よりも、相手の冷めた態度に傷ついている人は多いようです。「そんなにしたいなら、やってやる」こんなことを口にしたら最後、次の甘いひとときは訪れそうにありません。

セックスというのは、肉体だけでなく、精神もふれ合う行為です。二人が愛し合っていること、お互いの存在が大切であることの確認作業だといえるでしょう。

「愛する人が自分とのセックスでこんなに感じている」と思えるのは、自分という存在を確認できるいちばんよい方法だと思います。

理想的なセックスをするためには、ほめ言葉をふだんからなるべく口に出すように心がけるべきでしょう。ほめればほめるほど、相手もいっそう努力するはずです。

関連記事

言葉責めをうまく使うと、男も、女も、セックスをより楽しめる

今の状態や快感を口に出して訴えることが基本 女性向けのエッチ系漫画やロマンス小説をのぞいてみる

記事を読む

年をとっても無理なくでき快感が数倍に高まる「完全体位」

男性と女性とでは感じ方が違う セックスの体位は俗に「四十八手」、あるいは表裏合わせて「九十六手

記事を読む

女性の快感を高める、おっぱいを上手に愛撫するテクニック

「接して漏らす」ことこそ健康長寿のポイント かの『養生訓』に、「男は接して漏らさず」とあること

記事を読む

最近では若い女性で尿失禁の人が増えている

筋力の低下が原因 東京の成城松村クリニックには、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れますが、

記事を読む

男性ホルモンが低下ししまうと生活習慣病にかかりやすくなる

命に関わる病気まで発展してしまう アンドロゲン(男性ホルモン)低下によってメタボリックシンドロ

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑