*

年をとっても無理なくでき快感が数倍に高まる「完全体位」

公開日: : 最終更新日:2017/05/01 性力アップのために

男性と女性とでは感じ方が違う

セックスの体位は俗に「四十八手」、あるいは表裏合わせて「九十六手」あるといわれ、実にさまざまなスタイルがあります。

最もポピュラーな体位は正常位でしょう。また、正常位から女性の足を持ち上げた屈曲位は、多くの男性がフィニッシュに好みます。向かい合う体位のなかにも、体を伸ばしたまま密着する伸展位など、同じような体位でもさまざまなバリエーションがあります。

セックスの体位は、自由に楽しんでかまいませんが、一つ頭に入れておきたいのは「男性と女性では感じ方が違う」ということです。

たとえば、正常位では、男性の腰部によって女性の股関節が押し広げられます。そのため、時間が長くなると、年齢によっては女性は股関節にだるさを感じてしまいます。

 

 

年をとっても無理なくできる

男性がフィニッシュに好む屈曲位も、女性にとってはクリトリスが刺激されず、男性まかせで「突かれる」だけなので、自分でオーガズム(性的絶頂感)を調整しにくいという難点があります。

逆に伸展位では、女性はクリトリスを刺激されてオーガズムを調整しやすいのですが、挿入が浅いため、加齢によって膣の入り口の締まりが悪くなっていると、男性にとっては物足りなく感じます。

このような男女の感覚の差は、年をとるほど開きます。若いころの筋力、視覚刺激、勢いや情熱などがへっていくからです。

とはいえ、セックスは年をとっても楽しみたいもの。むしろ年をとってからのセックスが大切なのです。

そこで小萩治療技術開発主宰の小萩喜一先生は、年をとっても無理なくでき、男女ともオーガズムを調整しやすい体位を考え、「完全体位」と名づけました。

キスや愛撫が自由にできることも「完全」のゆえん

完全体位の具体的なやり方を説明しましょう。

①あおむけに寝た女性の上に、向き合う形で男性が乗る。男女とも足を伸ばし、女性の足の外側に男性のひざがくるようにする。

②男性は女性の後頭部に手を入れ、指先で軽く持ち上げ、頭を左右に動かせるようにする。こうすることで、ほおや額などキスをする部位を自在に変えられる。また、男性の上腕で女性の体を軽く締めると、バストが持ち上がり、乳首も刺激される。

③女性は軽く足を開き、男性は下半身を沈み込ませるようにして挿入するとともに、恥骨(ペニスのつけ板)で女性のクリトリスを刺激する。

④つま先まで伸ばした男性の足に、女性が足の第一指(親指)を引っかけ、かかとを外に出して足をグッと内側に向ける。

快感が数倍に高まる

この完全体位は、頭から足まで密着していて、皮膚接触による快感や安心感がじゅうぶんに得られます。そのうえ、キスや上半身への愛撫も自由にできることも、「完全」のゆえんです。さらにこの体位は、膣の締まりもよくなります。

膣が締まるのは、男性の足に女性が足の第一指を引っかけて足を内側に向けることで、「指先反射」という仕組みが働き、膣に連動している内転筋(内ももの筋肉)が引き締まるからです。これにより、男女とも感度が高まるのです。

密着感、締まり感、挿入感の三位一体で快感が数倍に高まり、男女ともいっしょにイケる完全体位を、ぜひ、パートナーと楽しんでください。

関連記事

EDにならないためには、どんどん射精すること

  EDは心筋梗塞の予測因子 年齢とともに、私たちの生殖機能はしだいに衰えてき

記事を読む

自分たちの誇るべき文化として、春画を見直すときがやってきた

春画は当時の情報誌の側面も併せ持っていた 江戸の町は、たびたび大火で焼かれたため、人々は、極め

記事を読む

60歳を超える年代では本当にしているのか

どれだけの人がセックスをしているのか 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」や「死ぬほどセッ

記事を読む

女性が骨盤底筋を鍛えていけば、中高年になっても豊かな性生活を送れる

性的な感度の向上に期待が ちつトレで骨盤底筋を鍛えていると、思わぬ効用も得られます。それは性的

記事を読む

「バイアグラ」で30代の勃起力がよみがえり人生観が変わった作家の団鬼六

妄想力が衰えていた 作家の団鬼六は長年、ポルノ小説を書いてきましたが、58歳のときに一度、「も

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

仕事ができる男は女にモテる

”仕事ができる男は女にモテる” これはまさに真理、だれも

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてま

→もっと見る


PAGE TOP ↑