*

成熟した本当のセックスを思う存分楽しむアダム流スローセックス

公開日: : 最終更新日:2017/06/11 セックスレス解消のために, 性力アップのために

akiyamarina309

“ジャンクセックス”をやめる

あなたはセックスにどれくらいの時間をかけていますか? 長くて30分から小1時間程度がせいぜいではありませんか?

オッパイをもみ、お尻や背中を適当にさわり、クンニリングスをし、挿入して射精する…。せいぜい、こんなところではないでしょうか。

馬鹿にするな! とお怒りになる前に、ふだんのご自分のセックスを一度思い出してください。

実際、アダム徳永先生が主宰する「セックススクールadam」の調査でも「前戯に15分、挿入から射精までで5分」というのが平均です。

所要時間が合わせて20分なんて、アダム徳永先生にいわせればセックスというより単なる射精行為にすぎません。

しかも、その前戯というのが、またお粗末。アダルトビデオなどの影響でしょうが、まるで、つかれたように荒々しくなめたりさすったり、指でヴァギナをかき回したり…。

いわば、早くて安いだけの”ジャンクセックス”。これでは、体の奥深くに眠っている”女性の真の官能″を呼び起こせないのも当然です。

 

時間をかけるスローセックスのすすめ

では、ジャンクセックスを卒業し、成熟した本当のセックスを思う存分楽しむためには、どうすればよいのでしょうか。

その答えは「スローセックス」です。

スローセックスとは、文字どおり、”時間をかける″ことです。

互いに快楽をむさぼり合い、究極の癒し(愛)を得るには、20分程度ではまったく足りません。1時間、2時間、もっといえば時を忘れるくらいでなくてはならないのです。

そのためには、まずは射精を頭から消し去ることです。当然、ピストン運動も控えます。

では、何に時間を使うかというと、愛撫です。挿人前、挿入後、という区切りなく、すべての時間を愛撫に費やす。射精は最後のおまけのようなものと考えましょう。

時を忘れて愛撫を楽しむことこそが、セックスの本質なのです。挿入も、ペニスによる膣への愛撫といえます。射精は、いつまでも身をまかせていたくなる官能の世界に、いったん区切りをつける終幕ベルにすぎません。

それが、アダム徳永先生の提唱するアダム流スローセックスなのです。

さて、ここで重要になるのが愛撫法です。このテクニックいかんで、快楽は無限に
広がっていきます。

世界観も変わった

スローセックスで最も重要なのは手による愛撫、すなわちハンドテクニックです。これこそが、真の官能の世界をこじあける、唯一のカギといっても過言ではありません。

世の多くの男性は、「愛撫なんて要するに前戯だ。女性をイカせる最終的な決め手は、やっぱり挿入とピストン運動だ」と思っていることでしょう。

だから、いつまでたっても幼稚園レベルのセックスから脱却できないのです。

女性を感じさせる唯一絶対の方法は、「的確なポイントに、適切な刺激を、継続的に与える」こと。そのためには、体のなかで最も器用で繊細な感覚を持っている、手や指を駆使するのがいちばんなのです。

また、手からは、放出される気(=性エネルギー)の量も多く、この点でも性感を高める大きな力になります。

アダム徳永先生がすすめているハンドテクニックは、アダムタッチとパームタッチの二つ。実際、このテクニックを修得し、実践した多くの男性が「マジックハンドをもらったよう。セックス観どころか、世界観も変わった」と感嘆の声で報告してきます。

また、スクールに不感症で訪れる女性でも、その約95%は悩んでいたことがウソのようにあえぎにあえぎまくるのです。

「マジックハンドをもらったよう」

では、二つのハンドテクニックを、具体的に説明しましょう。

①パームタッチ

主としてウォームアップに使われるテクニックです。女性が愛撫をスムーズに受け入れていくための、いわば素地づくりとして行うのです。

手のひら全体を女性の肌に密着させ、軽く圧をかけながら楕円を描くようにゆっくりなでていきます。手の動きをより滑らかにするために、パウダーを使うとよいでしょう。

パームタッチでじゅうぶんに体を慣らしたら、いよいよアダムタッチに移ります。

②アダムタッチ

アダムタッチは、アダム徳永先生が開発したアダム流スローセックスの根幹となるテクニックです。アダムタッチは、愛撫中の単なる一プロセスではありません。クンニリングスや挿入の前後を問わず、プレイ中のあらゆる場面で行うべきものです。

具体的には、手のひらを肌から4センチほど浮かした位置から5本の指をそっとおろし、ふれているかいないかという微妙な感じでタッチします。

こうすれば、あなたも正真正銘の”セックスの達人”。パートナーのあげる大絶叫が、その証となるはずです。そして、それがまた、あなた自身の”男の性感”を限りなく高めていくことにもなるのです。

初めてアダムタッチを受ける女性のなかには、「くすぐったい」と身をよじるように逃げる人も少なくありません。これは、女性の側にも「愛撫は適当に、挿入は早めに」というジャンクセックスの感覚が身に染みついているからです。

この場合は、ほかの刺激を与えることで、くすぐったい意識をそらしてあげます。クンニリングスをしながら、あるいはパームタッチをしながら、アダムタッチを行うのです。

なお、いずれのテクニックも、体の下から上方向へ愛撫するのが基本です。とくに、性的エネルギーが蓄積されている仙骨(背骨のいちばん下にある三角形の骨)から背中にかけては、じっくりと行ってください。

関連記事

短小でも早漏でも女性を満足させる体位を人気AV男優がご紹介

女性を確実に昇天させる体位「ヨシムラ」 皆様、始めまして。AV男優の吉村卓です。私の名前はご存

記事を読む

セックスができるというのは健康の証。脳を活性化し、前立腺肥大も予防

46歳~55歳は8日に1回 日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生は、以前から年代別のセックス

記事を読む

セックスレスは、日本の国民病

世界的に見て珍しい セックスレスは、日本の国民病ともいえます。特に、中高年の夫婦間におけるセッ

記事を読む

藤田紀子さんの若さを保つ秘訣は常に美と健康のために努力すること

健康で若々しい体を維持する努力は惜しまない やりたいことを続けるためにも、若々しく健康な体が必

記事を読む

週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

古い精液を排出すればガン細胞化を予防できる さて、ここまで前立腺肥大症の治療薬についてお話しし

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑