*

ブラジル産の4種類の植物成分からなる「おじさん元気食品」が注目されている

公開日: : EDの原因と対策, 性力アップサプリ

aisakamegumi46

男にも更年期はある

更年期というのは、性成熟期から老年期への移行期間を指します。この時期には、男女とも性ホルモン分泌のバランスがくずれ、心身にさまざまな変化が現れてきます。

更年期は女性だけのものと思われがちですが、男性にも更年期はあります。性成熟期から老年期への移行がきわめて緩やかなため、女性ほどには障害が目立たないだけなのです。

しかし、個人差もあり、40~60代の男性のなかには、その影響が顕著に出てくる人も少なくありません。たとえば、精力・体力の衰え、ED(勃起障害)、頻尿、残尿感、尿の勢いの低下、骨や筋肉の衰え、あるいは肩こりやうつ症状といった不定愁訴(原因のハッキリしないさまざまな不快症状)などの形で現れてきます。

これらは老化の一現象という見方もできます。そこで、アンチエイジング(抗老化)という観点から、その予防や改善に取り組んでいる方法があります。

アンチエイジングとは、積極的予防医学の一環で、”末病”つまり「病気にならない体づくり」も目的の一つです。老化に関しても、これまで「年だから」とかたづけられていた諸症状も治療の対象になり、改善・解消を目指すのです。

その治療法としては、ホルモン補充療法が注目されていますが、一方でホルモンの分泌を促すサプリメントの摂取も有効な方法とされています。なかでも、最近注目されているのは、ブラジル産の4種類の植物成分からなる「おじさん元気食品」です。

 

とりわけ注目されるインディオの秘宝

おじさん元気食品の主要構成成分は、ムイラブアマ、カツアバ、パフィア、ガラナという、ブラジル原産の植物です。どれも古くから現地の人々が強精や健康増進に役立ててきたもので、EDに対する各成分の有効性も科学的に明らかになっています。

なかでも、パフィアという成分にとりわけ注目されています。パフィアは別名、「南米の朝鮮人参」とも呼ばれ、昔から滋養強壮をはじめ、万病の薬として活用されてきたインディオの秘宝です。近年では、ロシアのオリンピック選手が、肉体強化のために愛用したことで知られています。

こうしたパワーの源が、パフィアに豊富に含まれているエクジステロンやエクジソンといった植物ホルモンとされています。これらは昆虫の脱皮や羽化を促す働きのあることがわかっています。

これを人間が摂取した場合、IGF1(インスリン様成長因子1)という物質の産生や性ホルモン合成に関与するのではないかと推測されるのです。IGF1は性ホルモンの分泌をさかんにしたり筋肉や骨を増強させたりするなど、内分泌全般の活性を高めます。つまり、全身の老化を防止し、若返らせる”不老物質”というわけです。

先ごろ、EDに対するおじさん元気食品の有効性に関するモニターアンケート(10名を対象)が行なわれました。その結果、EDだけではなく、それに平行して頻尿や残尿感、食欲不振、腰痛、肩こりなど、男の更年期症状も改善されることがわかりました。

とくに夜間頻尿の改善は顕著で、なかには一晩に3~4回はトイレに行っていた人が、おじさん元気食品を飲み始めて数日後には、トイレに行く回数が1回になった例があります。

また別のモニター調査(20名を対象)でも、胃腸の調子が快適になった人が90%、夜間頻尿で一晩に数回起きていたのが1~0回になった人が80%、よく眠れ疲れが快復した人が70%という結果が報告されています。

おじさん元気食品の飲み方は、朝昼晩の3回、または朝晩の2回に分けて、1日4~6粒をとるのが基本です。人によって効果の現れ方に違いはあると思いますが、試す価値はじゅうぶんにあるでしょう。一部の薬局や健康食品店などで市販されているので、ぜひ試してください。

関連記事

no image

朝立ちは健康のバロメーター

性とは極めて大事なもの 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」「死ぬほどセックス」といった記

記事を読む

ED治療薬の正しい知識と使い方

「ずっと勃起したままになる」は誤解 皆さんの中には、ED(勃起不全)を改善する薬と聞いただけで

記事を読む

EDは生活習慣病のサイン

朝立ちが目安になる 男性ホルモンの減少による症状で、EDが気になる人も多いでしょう。EDには心

記事を読む

バイコロビクスのED撃退プログラム

EDを撃退するためには原因を知ることが大切 みなさんは「バイコロビクス」という健康法をご存じで

記事を読む

ED対策としてのバイアグラ

バイアグラの服用も勧められる では、実際にEDになってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑