*

朝立ちは健康のバロメーター

34

性とは極めて大事なもの

近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」「死ぬほどセックス」といった記事が掲載されて話題となりました。ED治療や男性更年期治療に長年携わってきた専門の医師たちは、「中高年以降の男女にとって、性とは極めて大事なもの」と考えています。

死ぬまでというのはともかく、60~70代以降の人たちが、より健康でより充実した人生を送るためには、セックスは欠かせないものなのです。

EDを例に取って、性と健康の問題を考えてみましょう。

EDとは、じゅうぶんな勃起が起こらない、満足な性行為が行えない状態と定義されます。いわゆる中折れをして、射精に至らないのもEDですし、若いころほど硬くならず挿入に苦労する、あるいは、なんとか射精しても、快感に乏しいという状態も、軽度のEDといえます。

 

朝立ち不全や中折れは健康に問題があるサイン

皆さんのなかには、「EDになったらセックスしなければ済むこと」と思っているかたもおられるでしょう。しかし、EDになるということは、以下に挙げる病気になっているともいえるのです。

①動脈硬化

②前立腺肥大など泌尿器系疾患

③うつ病など精神的疾患

動脈硬化が進行したり、さらに高血圧や糖尿病があったりすると、著しい血流障害が生じ、血液が陰茎に多量に流れ込まなくなります。すると、じゅうぶんな勃起が起こらなくなり、朝立ち不全や中折れを引き起こすのです。

前立腺肥大症は直接的なEDの原因といえますし、うつ病に関しても、EDを引き起こす有力な要因の一つです。

つまり、朝立ちがなくなったり、中折れしたりするなど、EDと思われる症状が起こったときには、気づかないうちに自分の健康に問題が生じている可能性があるのです。

こうした点から、朝立ちは、健康のバロメーターといわれています。

さまざまな健康効果が期待できる

中高年以降になると、「朝立ちがあってEDではないけど、セックスはもうしなくてもいい」というかたもおられるでしょう。それではいけません。セックスはまさに、心身を健やかにする健康法なのです。

そもそも、体の機能というものは、使わずにいるとどんどん退行し、機能低下を起こします。これを「廃用性萎縮」といいます。セックスについても、まさにこれが当てはまります。

自転車を使わずに放置しておくと、あちこちさびついて使い物にならなくなります。性の機能も全く同じです。射精すること、あるいは、射精しないまでも勃起させることで、機能低下を防ぐことができるでしょう。

また、継続的に射精をすることは、排尿障害や前立腺肥大の予防・改善に役立ちます。さらに、セックスをすると全身の血流が飛躍的によくなるので、さまざまな健康効果が期待できるでしょう。

また、ある研究によれば、セックスを週に1~2回する人のほうが、免疫力が高いといった報告もなされています。

高齢になってもセックスをしているかたは、男女を問わず、若々しく見えるものです。特に女性の場合、各種のホルモンの分泌もさかんになりますから、肌ツヤがよくなります。

なにより、性的な充実感は、生活の質を引き上げます。セックスすることで気力が充実している人は、仕事もバリバリこなせるものです。さらに、セックスによって、パートナーとの絆を深め合うのも、とても大切なことです。

セックスは多種多様!挿入や射精にこだわるな

あるご夫婦の例をご紹介しましょう。ともに70歳を超えるご夫婦ですが、ご主人がクリニックで定期的に勃起改善薬の処方を受けています。先生はあるとき、お二人がどんな性生活を送っているか問いたことがありました。

ご高齢のお二人ですから、激しいセックスをするわけではないとのこと。しかし、ご主人によると、ペニスを勃起させたら、奥様のなかに挿入し、中で温まっているだけというのです。露天ぶろに入っているようなものなのだといいます。

ご主人は、そのお年で、今も現役バリバリの仕事をしています。奥様は、そうやってご主人を受け入れることで、夫の仕事に協力しているといっていいでしょう。

私は、とてもすばらしい話だと思いました。これは、高齢のカップルの性の理想的な一つのあり方といえるでしょう。

年齢に関係なく、健康を維持するために、夫婦の絆を深めるために、せめて1カ月に1回くらいセックスをしていただきたい。むろん、若いころのような激しいセックスをする必要はありません。挿入や射精にこだわらなくてもいいのです。

セックスは多種多様なもの。手をつないで公園を散歩したり、抱き合ってキスをすることも、ある意味セックスなのです。コミュニケーションを図ることが大切です。互いを慈しみ合う過程を経たうえで、実際の性行為に至るなら、それがいちばん自然な形でしょう。

無理のない形で続けるなら、老年という人生の完成期において、セックスは、生活を非常に豊かにしてくれるでしょう。

関連記事

熟女ブームで脚光を浴びたタレント藤田紀子さんの若さを保つ秘訣

「一緒にいる人を心地よくしたい」という思い ある若手お笑い芸人のかたとの仲が、テレビなどで取り

記事を読む

愛撫は「面で攻め」、ついで「点で仕上げる」のが基本

ろくに濡れていないのに挿入するのはもってのほか 名古屋市立大学名誉教授の渡仲三先生が性科学の研

記事を読む

中高年の恋愛とセックスは攻めの養生

日々の「ときめき」が自然治癒力を高める 日本人は、ある程度の年齢を超えると、「もう私は年だから

記事を読む

女性の体をよく知ることで幸せな性生活が送れる

女性の体と心についての誤解を解こう いくつになっても、自分を必要としてほしい、異性として意識さ

記事を読む

女性の快感を高める、おっぱいを上手に愛撫するテクニック

「接して漏らす」ことこそ健康長寿のポイント かの『養生訓』に、「男は接して漏らさず」とあること

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑