*

性力減退の原因であるストレスを解消させる水浴び

公開日: : 性力アップに効く運動・動作

29

ストレスが勃起力の減退を招く

40代の声を開くと、だれしも体に不調が現れてきます。特に男性は、性力の衰えを感じるかたも多いと思います。実際、「勃起力が落ちた」「行為に及んだが、中折れした」といった体験のあるかたも多いでしょう。

これは、もちろん加齢の影響もあるのですが、それよりも大きな問題があります。それは、ストレスです。

現代社会に生きている以上、ストレスの影響は避けられません。大切なのは、たとえストレスを抱えていても、それをうまく処理して、体に不調を起こさせないこと。勃起カの減退についても、同じことがいえます。

では、なぜストレスが勃起力の減退を招くのでしょうか。それはストレスが、自律神経の働きを乱してしまうからです。

 

勃起神経は自律神経の支配を受けている

私たちの体は、無意識のうちに、自律神経に支配されています。自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがあり、それらが括抗して働いています。交感神経は、主に日中、活動しているときに働き、副交感神経は、夜間、休息時に働きます。

なかでも交感神経は、私たちが「働きすぎ」「悩みすぎ」などでストレスを抱えていると、過度に緊張するのが特徴です。ですから、「仕事が忙しい」「会社の人間関係に悩んでいる」ことの多い、働きざかりの男性は、交感神経が過度に緊張しやすいのです。その結果、さまざまな体の不調を招いてしまいます。

特に、交感神経の過度な緊張は、勃起力の低下に悪影響を及ぼします。なぜなら、勃起は副交感神経、射精は交感神経の支配を受けているからです。つまり、ストレスにより交感神経が過度に緊張していると、勃起しにくくなります。

勃起することができても、自律神経の切り替えがうまくいかないと、途中で萎えてしまい、射精まで至ることができないこともあります。

また、交感神経が過度に緊張すると、血管が収縮し、血流が悪化します。当然、海綿体に流れ込む血液量もへるので、勃起しにくくなります。

ですから、勃起カの減退を解消したいのであれば、自律神経の働きを正常化することが大切なのです。

自律神経のバランスを整える「水行」

そのために、長崎市・田島整形外科院長の田島佳輔先生が勧めてるのがのは、水をかぶる「水行」です。

これは、修行者が心身を清めるために行うものですが、自律神経のバランスを整えるのにも、大いに役立ちます。冷たい水を浴びると、私たちの体はギュッと引き締まります。これは、交感神経が強烈に刺激された状態です。

その後、交感神経側に振られた自律神経は、バランスを取るために、副交感神経側に振られます。こうした刺激をくり返すと、自律神経が鍛えられ、働きが正常化するのです。

やり方は、次のとおりです。田島先生は1日1回、朝、起きたらすぐに行っています。

①ふろ場に行き、座る場所をお塩で清めます。

②バケツにお水をくんで、その前に立ちます。

③足先から徐々にお水を掛けて、体を慣らします。

④バケツの前にきちんと座って(できれば正座)、ひしゃくで頭からお水をかぶります。

⑤次に、左肩、右肩、頭の順で、バケツのお水がなくなるまでかぶります。

⑥乾いたタオルでお水をふき取り、乾布摩擦の要領で体がポカポカになるまでこすります。

不思議とポカポカしていい感じで「元気」

かける水の量は、ひしゃくで10杯程度です。ひしゃくがない場合は、手桶にお水を少量入れてかぶるといいでしょう。シャワーを使うと手軽ですが、体が冷えすぎることがあります。

また、最初は無理せず、水をかける範囲を足先から徐々に広げましょう。自分の体調に合わせて行い、いきなり頭からかぶらないようにしてください。座る場所が冷たければ、おふろマットを敷いて行いましょう。正座がつらければ、足の指を立てて座ってください。

この水行を行うと、体は不思議とポカポカしてきます。東洋医学的にいうと、男性は「陽の気」、女性は「陰の気」に分類されます。ですから、陽と陰が交わって、バランスが取れることになります。性交は、単に欲望を満たすためだけでなく、健康を得るために大事なことといえます。

ただし、この方法は心身ともに健康なかたが行うようにしてください。健康に不安のあるかたは、医師に相談してから行いましょう。

何事にもいえることですが、この水行で効果を得るには、「自分でやろう」と思う精神力が大切です。無理は禁物ですが、できるだけ継続するようにしましょう。

関連記事

「絶倫呼吸」で朝立ちが復活し、20歳も年下の女性を絶頂に導いた

急にモテ始め20歳下の女性を絶頂に導いた群馬県 43歳 整体師 男性の方の体験談です。 だ

記事を読む

下半身の筋肉を鍛えることで勃起力が回復

肝心な性力がすっかり衰えていた 「医者の不養生」という言葉がありますが、ED(勃起不全)に関し

記事を読む

スクワットで骨盤底筋群を鍛えて勃起力を維持

中折れを防ぐ みなさんは、ペニスの構造をご存じでしょうか。「自分についてるものだから知ってるよ

記事を読む

男性力アップのために不随意筋を鍛える

性のコミュニケーションが取れていない セックスレスという社会的な現象については、1990年代く

記事を読む

「指引っばり」はお金がかからず、場所や時間も選ばずに男性自身が元気になる

ただ左手の薬指を引っばるだけ タレントの北野誠さんは、左手の薬指を引っばるだけで男性自身が元気

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑