*

かかとから着地して歩くウォーキングで性力の減退を防止できる

公開日: : 性力アップに効く運動・動作

26

さまざまな老化現象も生じてくる

人体最大の臓器といわれる肝臓は、体重のわずか60分の1にすぎません。一方、筋肉は、体重の40%前後を占めています。そのため、比較するまでもなく、筋肉こそが人体最大の器官といえるでしょう。

その筋肉の約70%は、腰より下に存在します。全身の筋肉で最大の大臀筋(だいでんきん)や大腿四頭筋(だいたいしとうきん)などが、年とともに弱ってくると、お尻がたれ下がって、太ももが細くなってきます。

定期的な運動を行っていない人は、30~40代で1年に約227g、50代で454gの筋量がへる、という研究もあります(1994年、エバンス、ネルソン両博士)。

筋量がへると、これまで、大きくて丈夫な筋肉で保護されていた腰やひざの関節に、負荷が直接かかり、腰痛やひざ痛が起こるのです。

そのほか、糖尿病など内科系の病気や、老眼や難聴など、さまざまな老化現象も生じます。そして、下半身の衰えとともに起こるのが、性力の減退です。

漢方では、この状態を「腎虚」といいます。漢方の「腎」とは、西洋医学でいう腎臓はもちろん、副腎、生殖器、泌尿器の諸機能を含んだ概念で、生命力そのものを指します。

その「腎」が、「虚(弱った)」した状態です。「生命力そのものが衰えた」状態といってもいいでしょう。

この腎虚を引き起こす最大の原因が、下半身の筋肉の衰えなのです。

 

下半身の筋肉の衰えが病気や・性力減退を招く

若いときは、腰周り、お尻、太ももなどの下半身の筋肉が発達しているので、筋肉内に存在する毛細血管も多く、血液の巡りが活発です。その結果、下半身が温められて、「頭寒足熱」の状態になります。これによって、全身の健康が保たれていました。

睾丸、ペニスなどの生殖器にも、血液が豊富に流れ込みますから、その働きもよく、生殖力=性力も高いのです。年を取って、下半身が衰えると、これとは全く逆の現象が起こります。

男性の生殖力、性力、勃起力をはじめ、男らしい体型や外見など、これらすべての男性的要素にかかわっているのが、主要な男性ホルモンである、テストステロンです。

テストステロンは、主に睾丸で産生、分泌されます。1日の分泌量は、約7mg。この分泌量が加齢とともにへってきます。

加えて、下半身が衰え、筋力が低下すると、下半身を巡る血流も悪くなります。副腎や睾丸への血流も悪くなって、テストステロンの産生、分泌がさらに低下します。すると、いよいよ性力が衰えてくるのです。

男性ホルモンが増加!生殖器の血行も改善!

では、衰えつつある性カを回復させるには、どうしたらいいのでしょうか。

その答えは、ここまでの話の流れからも明らかでしょう。性力減退を引き起こしているのが下半身の筋力低下ですから、性力アップには、下半身を鍛えることが欠かせません。

実は、テストステロンは睾丸だけでなく、筋肉細胞でも産生、分泌されています。そのため、筋肉を鍛えることが、テストステロンの分泌をふやし、性力増進の助けとなるのです。

下半身強化には、スクワットやかかと上げなど、さまざまな運動があります。その中でも、お勧めするのは、ウォーキングです。歩くときは、なるべく大股で歩きます。また、かかとから着地して歩くことを心がけましょう。

これによって、大臀筋や大腿四頭筋などが刺激され、血液量もふえます。生殖器に流れ込む血流の量がふえることで、性力も格段に強化されるはずです。

さらに、胃腸、肝臓、心臓、肺、脳、目、耳などにつながっているツボが、足の裏に存在します。特に、生殖器のツボは、かかとのところにあるため、かかとから着地して歩くと、性力が強くなるのです。

運動によって寿命を延ばせば性カアップにもつながる

NCI(アメリカ国立がん研究所)のスティーブン・ムーア博士らは、「65万人以上を対象とした、6件の研究データ」を用いて、「40歳以降に種々のレベルの運動をすることによって、得られた寿命の年数」を算出しています。その結果、運動による寿命の延びが確認できているのです。

それによると、

・週75分の速歩など、わずかな運動→1・8年

・週155~299分のウォーキング(米政府が推奨)→3・4年

・週450分のウォーキングなどの少々きつい運動→4・5年

現在、全く運動していない人でも、1日数分の運動をするだけで、寿命を延ばせるのです。

このように、運動によって寿命を延ばすことが、性カアップにもつながることはいうまでもありません。

最後に強調しておきたいのは、筋肉は鍛えれば、90歳でも発達するということです。筋肉を鍛え始めるのに、遅いということはないのです。

関連記事

ふくらはぎマッサージをすれば勃起力がみるみる高まる

血液がじゅうぶんに心臓へ戻らなくなる 性セラピスト・鍼灸師の回氣堂玄斎先生は、30年近く前から

記事を読む

「絶倫呼吸」で肛門括約筋を強化し、男性は勃起力アップ、女性は締めつけのよい名器に

20歳まで生きられないと医師からいわれた ヨガ指導家 藤本憲章先生は10代のとき、当時、日本で

記事を読む

スクワットで骨盤底筋群を鍛えて勃起力を維持

中折れを防ぐ みなさんは、ペニスの構造をご存じでしょうか。「自分についてるものだから知ってるよ

記事を読む

「絶倫呼吸」のおかげで回数がふえたうえ、セックスにかける時間も大幅に長くなった

絶倫呼吸で3時間もセックスを堪能でき回数もふえた千葉県 41歳 自営業 男性の方の体験談です

記事を読む

乳首ほぐしは男性にも女性のも効果の高い方法。やり方も簡単!

バストが2カップ大きくなった女性もいる ガーデンオブエデン代表の原田園子先生が勧めているのが「

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑