*

ピーナッツの常食で性力アップ!50代でも週5回は普通

公開日: : 最終更新日:2018/04/01 性力アップに効く食べ物・飲み物, 性力アップ体験談

sihono90

ピーナッツを食べ始めた40歳代の後半に月に5~6回になった神奈川県 50歳 会社員 男性の方の体験談です。

自然な方法で以前のカを取り戻したかった

現在、私は50歳になりますが、この年齢になっても、月に少なくとも5~7回のセックスを欠かしたことがありません。

セックスのことについて、同年代の仲間にきいてみると、「もう、そっちのほうは卒業したよ」「飽きたっていうのもあるし、あんまり興味もないねぇ」などといっている人のほうが多いものです。でも、私はまだまだ立派な現役だと思っています。

私は、精力を維持するため、これまで特別なことは何もしていません。精力剤や栄養剤を飲んでいるわけでもないのです。ただし、そんな私の精力維持・増強の秘訣ともいえるものがあります。それは、ピーナッツです。

私はピーナッツを食べ始めて3年になります。もともとセックスが旺盛な私は、40代後半に入ってからも、月に4回程度、つまり週に1回程度の夫婦生活を維持していました。ただ、そのころから、「どうも最近、ペニスの勢いが衰えてきたんじゃないかな」とも感じていました。

ですから、頭の片隅に「この衰えをなんとかしたい」という気持ちがあったのです。

とはいっても、精力剤や栄養剤などにたよりたくはありません。なんとかして、自然な方法で以前の力を取り戻したいと思っていたからです。

そんなとき、たまたま雑誌か何かでピーナッツの記事を読んだのです。そこには、ピーナッツが健康によく、滋養強壮剤としてもすぐれている、というようなことが書いてありました。そして、精力の面でも増強作用があるとされていたのです。

その記事を読んだ私は、さっそくピーナッツの常食を実行してみることにしました。

 

 

元気と若々しさでは誰にも負けない

私のピーナッツの食べ方は、次のようなものです。

毎日、昼食をとる前に、ピーナッツを20~30粒食べるようにしました。

ピーナッツの効能がいつごろから現れてきたのか、正確にはわかりません。しかし、いずれにせよ、ピーナッツの効果があったことは確かです。

第一に、夫婦生活の回数がふえました。40歳代の初めごろで、月に4回、多いときで5回ほどの回数だったのが、ピーナッツを食べ始めた40歳代の後半には、月に5~6回になったのです。さらに、もっと調子がよければ、それ以上という月もあるほどです。

これは、私の50歳という年齢から考えれば、立派な数字といえるのではないでしょうか。

第二に、勃起している時間も以前より長くなり、持続力も増したように感じられます。なにしろ、この年齢で、毎朝欠かさず朝立ちするほどなのです。このことだけでも、どれだけ元気になったか、わかるというものでしょ
う。

前述したように、私は精力剤も飲んでいなければ、特別な健康法も実行していません。ピーナッツのほかは、食習慣に注意していることくらいでしょうか。

ふだんから、肉を少なく、魚を多く食べるようにして、なおかつ、たくさんの野菜を食べるように毎日心がけています。とはいえ、それだけでは、これだけの精力の維持はできないでしょう。やはり、ピーナッツの効果は大きいと思います。

元気と若々しさでは誰にも負けない

この年齢になつてもセックスが好きで、妻に拒まれたときには自慰をしています。そして、ときどき、妻以外の女性とも快楽を享受しています。私の人生にセックスなしの生活はあり得ないのです。

なお、ピーナッツの効果は、精力が回復したことだけにとどまりません。全般的な体調の維持のためにも役立っています。

私の血圧は、最大血圧が150mmHg最小血圧が100mmHgと、やや高めではありますが、大きな病気はなく、いたって元気です(血圧の基準値は、最大血圧が140mmHg以下、最小血圧が90mmHg以下)。ピーナッツを食べているせいか、便通のほうも、なんの問題もありません。

近所の人たちも、やはり、50歳代以降の働き手が多いのですが、そんな周囲を見回してみても、元気と若々しさでは、誰にも負けていないと自負しています。さらに、精力の面なら誰にも負けない。これはいうまでもありません。

岡田医院院長 岡田研吉先生の解説

日本ではもっぱら、おやつやつまみとして好まれているピーナッツですが、中国では、古くから漢方薬として用いられてきました。

明の時代に書かれた『本経逢原』という書物には、ピーナッツは「長生果」と記されています。これは、不老長寿の実という意味で、ピーナッツを食べると、体の外も内も若々しく保つ効果があるとされていたわけです。

実際、ピーナッツは、全身の血行を促進し、滋養強壮効果も高く、たいへんすぐれた食品です。精力面も例外ではありません。ピーナッツを食べると、精液をふやし、精力を高める効果があります。また、ピーナッツによって体調全般が整うこと自体、 精力増強につながることはいうまでもありません。

関連記事

馬プラセンタエキスで男性機能が高まった

サラブレッドの胎盤が原料 プラセンタには、慢性関節リウマチや肝炎、腎炎、ぜんそく、アレ

記事を読む

日本最高齢の現役AV男優がよく食べる「タマネギ納豆」

食べやすいし、体にもいい 現在、私は78歳で、日本最高齢の現役AV(アダルトビデオ)男優といわ

記事を読む

男性の下半身を元気にする漢方薬「炮附子(ほうぶし)入り八味丸」

腎系の働きを高めて生殖機能を活発化 漢方では、腎臓を中心とする「腎系」の働きが生殖など生命力に

記事を読む

ヤマイモが下半身の強壮に効果あり

日本でも古くから好まれてきた ヤマイモは体力を補う作用が高いので、漢方薬としては、老化防止や疲

記事を読む

精力つけるならヤマイモがおすすめ

まざまなテクニックを駆使しパートナーを喜ばせましょう 江戸時代の儒学者で、本草学者でもある貝原

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑