*

藤田紀子さんの若さを保つ秘訣は常に美と健康のために努力すること

公開日: : 性力アップのために

kuboyurika45

健康で若々しい体を維持する努力は惜しまない

やりたいことを続けるためにも、若々しく健康な体が必要です。ですから、バレエ以外にスポーツジムに通っています。ジムでもおしゃべりをする暇もないくらい、パーソナルトレーナーのかたが教えてくださるトレーニングを、全力でやっています。仕事で疲れていても、できるかぎり努力しています。

おかげで、筋力はさほど衰えず、下半身は強いほうだと思います。ひざ痛や腰痛などの慢性病もありません。ふだんも、渋谷駅から自宅まで20分くらい、早足で姿勢よく歩くようにして、下半身を鍛えています。

鍛える一方で、整体院で定期的に、背骨や骨盤のメンテナンスをしてもらっています。

6年前に10kg太ってからは、レコーディングダイエットを始めました。毎日、食べたものを記録して食べすぎを防いで、10kgやせました。

おかげで現在も、20代のころとほとんど変わらない47kgの体重を維持しています。体重と食生活のコントロールがうまくいっているためか、ホルモンバランスもいいみたいで、肌の調子や体調もいいのです。

とにかく私は、健康で若々しい体を維持するための努力は惜しみません。その積み重ねのおかげで、いくつになっても若いかたに声をかけていただけるのかなと思っています。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生の解説

女性ホルモンが分泌されなくなる50歳くらいになると、女性らしさを意識しなくなるかたも多いなか、藤田さんは常に女性らしさを忘れず、美と健康のために努力しているところが大変すばらしいです。

年齢にとらわれず、やりたいことはやり、若い世代との交流を楽しむ生き方が、成長ホルモン、ドーパミン、セロトニンなど、女性ホルモン以外のホルモンや神経伝達物質の分泌を促し、若々しさにつながっているのでしょう。また、よく歩いたりと、下半身の強化にも務めているのも、若さと美の秘訣だと思われます。

関連記事

成熟した本当のセックスを思う存分楽しむアダム流スローセックス

"ジャンクセックス"をやめる あなたはセックスにどれくらいの時間をかけていますか? 長くて30

記事を読む

60歳を超える年代では本当にしているのか

どれだけの人がセックスをしているのか 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」や「死ぬほどセッ

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児 男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少してい

記事を読む

週2回の射精で血流障害を防ぐ

勃起改善薬と前立腺肥大症の治療薬は全く同じ成分 通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑