*

藤田紀子さんの若さを保つ秘訣は常に美と健康のために努力すること

公開日: : 性力アップのために

kuboyurika45

健康で若々しい体を維持する努力は惜しまない

やりたいことを続けるためにも、若々しく健康な体が必要です。ですから、バレエ以外にスポーツジムに通っています。ジムでもおしゃべりをする暇もないくらい、パーソナルトレーナーのかたが教えてくださるトレーニングを、全力でやっています。仕事で疲れていても、できるかぎり努力しています。

おかげで、筋力はさほど衰えず、下半身は強いほうだと思います。ひざ痛や腰痛などの慢性病もありません。ふだんも、渋谷駅から自宅まで20分くらい、早足で姿勢よく歩くようにして、下半身を鍛えています。

鍛える一方で、整体院で定期的に、背骨や骨盤のメンテナンスをしてもらっています。

6年前に10kg太ってからは、レコーディングダイエットを始めました。毎日、食べたものを記録して食べすぎを防いで、10kgやせました。

おかげで現在も、20代のころとほとんど変わらない47kgの体重を維持しています。体重と食生活のコントロールがうまくいっているためか、ホルモンバランスもいいみたいで、肌の調子や体調もいいのです。

とにかく私は、健康で若々しい体を維持するための努力は惜しみません。その積み重ねのおかげで、いくつになっても若いかたに声をかけていただけるのかなと思っています。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生の解説

女性ホルモンが分泌されなくなる50歳くらいになると、女性らしさを意識しなくなるかたも多いなか、藤田さんは常に女性らしさを忘れず、美と健康のために努力しているところが大変すばらしいです。

年齢にとらわれず、やりたいことはやり、若い世代との交流を楽しむ生き方が、成長ホルモン、ドーパミン、セロトニンなど、女性ホルモン以外のホルモンや神経伝達物質の分泌を促し、若々しさにつながっているのでしょう。また、よく歩いたりと、下半身の強化にも務めているのも、若さと美の秘訣だと思われます。

関連記事

正常位は体への負担が大きい!医師が勧める中高年のための体位

セックスはあまり激しい運動ではない 高齢者であっても、セックスを楽しむべきという考え方は、一つ

記事を読む

中高年の恋愛とセックスは攻めの養生

日々の「ときめき」が自然治癒力を高める 日本人は、ある程度の年齢を超えると、「もう私は年だから

記事を読む

射精したくてあたりまえ!萎えたらもはやオス失格

本来の循環が断たれると、心にも体にもよくない 最近、テレビや雑誌などで、セックスレスの問題がし

記事を読む

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病

記事を読む

AV男優が教えてくれる女性を喜ばせるテクニック

太くて硬ければいいわけではない 皆さん、男のペニスは、「硬いほうがいい」「大きいほうがいい」「

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑