*

女性が骨盤底筋を鍛えていけば、中高年になっても豊かな性生活を送れる

公開日: : 性力アップのために

komatiyo81

性的な感度の向上に期待が

ちつトレで骨盤底筋を鍛えていると、思わぬ効用も得られます。それは性的な感度の向上です。

自然と膣周辺の感覚を意識するようになるので、性的な感度が増し、オーガズムに達しやすくなります。

そして、腰を締めたり緩めたり、コントロールできるようになるので、セックスの相手の感度アップにもつながります。それにより、中年期以降のセックスレスの解消にも、一役買ってくれるのです。

女性の場合、女性ホルモンの分泌は20代後半でピークを迎え、それから右肩下がりに少なくなっていきます。そして、50歳くらいになると、ほとんど女性ホルモンが出なくなり、閉経を迎えます。

女性ホルモンが少なくなると、セックス時の潤いもへり、性交痛を伴うようになります。そのため、中高年の夫婦はセックスの機会が少なくなりがちです。

40代以降のほうが女性の性欲は旺盛になる

昔の日本では、閉経後ほどなくして寿命がつきるものでしたが、長寿社会となった現代では、閉経後30年以上、人生が続くかたがほとんどです。それを考えれば、閉経後の性生活はとても無視できません。

女性は中高年になると、性欲がなくなると思っているかたが男女ともに少なくないようですが、そんなことはないのです。

実際、加齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなっていくことで、もともとあった男性ホルモンの働きが出てきます。ホルモンバランス的にはむしろ、40代以降のほうが、女性の性欲は旺盛になるのです。

女性の皆さんは、自らの性欲について人前で話すことはないと思いますが、いくつになっても、女性は女性です。

ふだんから、ちつトレを続けて骨盤底筋を鍛え、性的な感度をアップしていけば、中高年になっても、豊かな性生活を、自信を持って送ることができるのです。

関連記事

60歳を超える年代では本当にしているのか

どれだけの人がセックスをしているのか 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」や「死ぬほどセッ

記事を読む

睡眠時無呼吸症もEDの原因になる

EDを引き起こす要因 ED(勃起不全)は、心筋梗塞などの前ぶれですが、ここでは、そのほかの注意

記事を読む

美人女医が教えてくれる性力アップの体位

女性の立場からセックスを語りたい! 美容外科医の山下真理子先生は、数年前から、医師として、また

記事を読む

女医が勧める、女性がイキやすくなる体位は「騎乗位」

男女ともセックスに対する向上心が必要 男性が自分の快感の追求に夢中になっているとき、感じたふり

記事を読む

昭和の性愛から学ぶ、セックスレス解消テクニック

昭和の性愛に貴重なヒントがある AV監督のヘンリー塚本さんは、ポルノ映像作家として、30年間、

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑