*

中高年の恋愛とセックスは攻めの養生

公開日: : 性力アップのために

yosimisao2

日々の「ときめき」が自然治癒力を高める

日本人は、ある程度の年齢を超えると、「もう私は年だから」と、性生活を卒業してしまう人がたくさんいます。年を取っても、そうした事柄に関心を抱き続けるのは、「はしたない」とか、「慎み深さを欠いている」と見なされる風潮が、社会にあるせいでしょう。

しかし帯津三敬病院名誉院長の帯津良一先生は、これを非常に残念なことだと考えています。60代、70代になつても、恋愛や性に前向きであることは、とても大切なことです。をにより、それは元気に長生きする秘訣であるからです。帯津先生にいわせれば、60代以降の恋愛とセックスは、攻めの養生といえます。

長年、帯津先生はガンの患者さんを診てきました。ガンを治そうとするとき、一つの分かれ目となるのは、患者さん本人の自然治癒力です。いかに自然治癒力を引き出し、免疫力を高めるかが生死を分ける重要な変困となっています。

その自然治癒力を高めるには、どうしたらいいでしょうか。

免疫力の主力は白血球です。白血球には、マクロファージ、顆粒球、リンパ球があり、それぞれが免疫機能を担っています。なかでも重要なのが、リンパ球のうちのナチュラルキラー細胞、つまりNK細胞です。

NK細胞の多い人は、ガンになりにくいのですが、このNK細胞は、ストレスによって働きが低下します。逆に、うれしいことがあったり、笑っていたりすると、NK細胞がふえ、免疫力が強まると考えられます。

自然治癒力を高める意味からも、帯津先生が特に重きを置き、患者さんにも勧めているのが、日々の「ときめき」を持つことなのです。

ゲーテは70歳のときに20歳の娘に恋をした

帯津先生の場合、好きなものを食べるとき、原稿を書いていて気分が乗ってきたとき、太極拳をしているときなどに、ときめいています。

しかし、それらよりときめくのが、恋愛です。いくつになっても、異性を好きなることは、最大のときめきであり、若々しさをもたらすものです。

文豪のゲーテは、70歳のときに20歳の娘に恋しました。画家のピカソは、70歳のときに恋に落ち、80歳で結婚しています。

詩人で、翻訳家の加島禅道さんは、女性にモテることで有名です。今年、90歳になられましたが、色気のある魅力的な男性で、今も女性に大変モテます。

色気というのは、内側から滲み出る生命の躍動で、異性はそれにひきつけられるのでしょう。

加島さんは、60代に失恋をした際、1人で傷心旅行に出かけたそうです。この気持ちの若さを、ぜひ見習いたいものです。これが、加島さんの90歳のお元気な今を、もたらしているといえるでしょう。

関連記事

女医が勧める、女性がイキやすくなる体位は「騎乗位」

男女ともセックスに対する向上心が必要 男性が自分の快感の追求に夢中になっているとき、感じたふり

記事を読む

成熟した本当のセックスを思う存分楽しむアダム流スローセックス

"ジャンクセックス"をやめる あなたはセックスにどれくらいの時間をかけていますか? 長くて30

記事を読む

人間は生涯にわたり性生活が可能

高齢者でもセックスについて積極的 ほとんどの生き物には、恋の季節があります。例えば、こホンザル

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

愛撫は「面で攻め」、ついで「点で仕上げる」のが基本

ろくに濡れていないのに挿入するのはもってのほか 名古屋市立大学名誉教授の渡仲三先生が性科学の研

記事を読む

20代人妻をホテルに誘うテクニック

店選びはカップル客が多い場所を 若い女性をデートに誘うとき、もっ

男性の女性経験を聞きたがるときはエッチ度を調べている?

外見に比べてエッチが上手そう 好きな異性の過去の性体験を聞くのは

20代人妻は男性の過去話を聞きながら、浮気の準備をしている?

その人の歴史に私も残してほしい これからセックスするかもしれない

→もっと見る


PAGE TOP ↑