*

EDは生活習慣病のサイン

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 EDの原因と対策, 男性ホルモンをアップ

watanabemiyu26

朝立ちが目安になる

男性ホルモンの減少による症状で、EDが気になる人も多いでしょう。EDには心理的要因が深くかかわっていると考えられてきましたが、実は陰茎動脈の閉塞が大きな原因であることがわかってきました。陰茎動脈の直径は心臓の動脈などより細いので、全身の血管の中で最初に動脈硬化が現れます。

つまり、EDは生活習慣病のサインであり、将来の脳卒中や心筋梗塞の警告でもあるのです。

男性ホルモンの減少と生活習慣病の関係は今注目されているテーマで、いろいろな研究が進んでおり、EDと生活習慣病を合併している人が多いことなどがわかっています。

勃起力で男性ホルモンの状態を推測したい場合、目安としては朝立ち(朝日覚めたときの勃起)が適切です。40代で朝立ちが2週間に1回もないならEDが疑われます。男性ホルモンをふやす生活習慣に改めましょう。

関連記事

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

自分で注射できる海綿体注射療法はバイアグラ以上?

バイアグラ難民を救う海綿体注射療法 男性にとって、精力増強は古今東西を問わず共通の願いなだけに

記事を読む

下半身の筋肉を鍛えることで勃起力が回復

肝心な性力がすっかり衰えていた 「医者の不養生」という言葉がありますが、ED(勃起不全)に関し

記事を読む

医学界でも注目しているタマネギの男性ホルモン増加作用

タマネギは「精のつく野菜」 東海大学名誉教授の西村弘行先生は長年、タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニ

記事を読む

勃起や射精がダメでもあきらめない

回数を重ねるうちに復活する人も カリスマソープ嬢の愛花氏は、多くのEDの男性を接客してきました

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑