*

EDは生活習慣病のサイン

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 EDの原因と対策, 男性ホルモンをアップ

watanabemiyu26

朝立ちが目安になる

男性ホルモンの減少による症状で、EDが気になる人も多いでしょう。EDには心理的要因が深くかかわっていると考えられてきましたが、実は陰茎動脈の閉塞が大きな原因であることがわかってきました。陰茎動脈の直径は心臓の動脈などより細いので、全身の血管の中で最初に動脈硬化が現れます。

つまり、EDは生活習慣病のサインであり、将来の脳卒中や心筋梗塞の警告でもあるのです。

男性ホルモンの減少と生活習慣病の関係は今注目されているテーマで、いろいろな研究が進んでおり、EDと生活習慣病を合併している人が多いことなどがわかっています。

勃起力で男性ホルモンの状態を推測したい場合、目安としては朝立ち(朝日覚めたときの勃起)が適切です。40代で朝立ちが2週間に1回もないならEDが疑われます。男性ホルモンをふやす生活習慣に改めましょう。

関連記事

バイアグラに続く新薬も登場。ED治療の選択肢の幅が広がった

バイアグラは危険な薬ではない 以前のED(勃起障害)治療では、器質性(器官の構造的な原因)のE

記事を読む

ホルモンとはなんだろう?

体内で作られて特定の器官に作用する テレビや雑誌でよくとり上げられていて、言葉は知っていても、

記事を読む

薬を試すのは怖い人におすすめの性力アップドリンク「冬虫夏草エキス」

薬を試すのは、やっぱり怖い 埼玉・長瀞医新クリニックでは、ED(勃起不全)やセックスレス、性力

記事を読む

ED対策にはシトルリンを多く含むスイカの皮が効く

勃起補助薬と同等の効果が期待できる ED自体を改善するためには、いろいろな対処法が考えられます

記事を読む

ED治療薬よりサプリメント

EDと治療薬は医師の診察を受けなければ手に入らない処方薬です。「医師とはいえ、他人にEDの相

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑