*

男性ホルモンをふやすポイント

公開日: : 男性ホルモンをアップ

utidario7

ポイント1 週1~2回はしっかり肉を食べよう

肉類、卵、牛乳、魚介などは男性ホルモンをふやします。これらは、人体でつくれない9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)のバランスをみる「アミノ酸スコア」がパーフ工クト(100)か、それに近い食品です。週1~2回は肉料理を適量食べましょう。

また、ビタミンC・E、ポリフェノール類など、活性酸素を除去する抗酸化物質が多く含まれる食品も意識してとりましょう。

亜鉛も効果的で、かきのほか、はくさいやキャベツなどに多く含まれています。

ポイント2 息が切れるほどの有酸素運動を30分、週1回のペースで

男性ホルモンをふやすいちばんの方法は運動です。運動をするとEDが改善するというデータもあります。週1回でよいので、息が切れるぐらいの強めの有酸素運動を30分つづけましょう。

例として、ジョギングや水泳などがあげられます。運動習慣のない人は、まずウオーキングから始めましょう。アップダウンのある道を歩くハイキングは、レクリェ-ションにもなるよい運動です。

筋力トレーニングも必要です。筋肉はエネルギーを消費するので、トレーニングで筋肉がふえると脂肪が減ってきます。久末先生は「筋肉量×運動した時間」が「男性ホルモンの産生量」に比例するといいます。家でもできるスクワットや背筋運動がよいでしょう。

ポイント3 よい睡眠を第1に、リラクゼーションの時間を持とう

男性ホルモンを保つには、よい眠りが非常に重要です。睡眠中は、からだは休んでいるけれど脳は覚醒に近い状態にあるレム睡眠と、からだも脳も休息しているノンレム睡眠が周期的にくり返されています。

男性は、一晩に3~4回あるレム睡眠中に勃起しますが、これは心身をリラックスモードにする副交感神経が優位でなければおこりません。

人は年を重ねるにつれて、心身を緊張状態にする交感神経の働きが強くなりやすいので、副交感神経の働きを高めるためにも、リズミカルな眠りを得ることが大切です。睡眠中以外でも、心身がリラックスして副交感神経が働くと男性ホルモンがふえます。意識して心地よいと思えることをしましょう。

関連記事

タマネギの男性ホルモンアップ作用が低下する

普通にタマネギを食べるだけではダメ 東海大学名誉教授の西村弘行先生は、タマネギの中のどんな成分

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

男性ホルモンとはいったい何でしょう

体だけでなく人生に影響を与える ホルモンには女性らしさ、男性らしさを作り出す「性ホルモン」があ

記事を読む

男性ホルモンアップの作用が最大限に生かされるタマネギの食べ方

タマネギをいったんまるごと加熱する 普通にタマネギを食べるだけでは、男性ホルモン増加作用を最大

記事を読む

男性ホルモンをふやして「男性力」を回復

生活習慣病にも深くかかわっている 男性ホルモンには正常の基準値がありません。分泌量は加齢に伴っ

記事を読む

専業主婦の浮気の理由とは?年代別に検証

「遊び足りない」20代専業主婦は出会い系サイトで 20代の専業主

人妻の浮気願望の実態とは?

「チャンスがあれば浮気したい」事業主掃の浮気の現状 週刊大衆の臨

運動でホルモンをコントロール

肥満体型の人は男性ホルモン(アンドロゲン)量も低い 脂肪はよく貯

→もっと見る


PAGE TOP ↑