*

男性ホルモンをふやして「男性力」を回復

公開日: : 男性ホルモンをアップ

todarei102

生活習慣病にも深くかかわっている

男性ホルモンには正常の基準値がありません。分泌量は加齢に伴って徐々に減りますが、その速度や程度も人それぞれです。80代で20代並みの値の人もいれば、その逆もあります。また、ストレスがかかると分泌が低下します。

40、50代は、加齢による減少に加えてストレスも重なるため、男性ホルモンが急に減り始めることがあります。これが男性更年期障害の引き金になると考えられています。

男性ホルモンは生活習慣病にも深くかかわっています。男性ホルモンが減ると内臓脂肪が増加します。たまった内臓脂肪はメタボリックシンドロームのベースになるうえ、活性酸素をふやします。活性酸素による「酸化ストレス」が大きいと、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を引きおこします。

男性ホルモンをふやすには、男性更年期治療で行われているホルモン補充療法が有効ですが、薬をやめれば元に戻ります。男性ホルモンをふやす生活習慣を実践し、「男性力」を回復しましょう。

関連記事

男性ホルモンは40代から急減し男性更年期障害に

実態や傾向がつかみにくい 帝京大学病院泌尿器科のメンズヘルス外来は「男の人生を応援する診療科」

記事を読む

タマネギは男性ホルモンアップ以外にも、うつやメタボの対策に有効

男性ホルモンは女性にも関係がある 近年、中高年男性の男性ホルモンが減少し、性的機能の減少だけで

記事を読む

ホルモンとはなんだろう?

体内で作られて特定の器官に作用する テレビや雑誌でよくとり上げられていて、言葉は知っていても、

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

「男らしさ」をつくる男性ホルモン

いつの間にか不調が始まる 男性ホルモンには主に、①筋肉や骨をつくるなどからだにかかわること、②

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑