*

男性ホルモンをふやして「男性力」を回復

公開日: : 男性ホルモンをアップ

todarei102

生活習慣病にも深くかかわっている

男性ホルモンには正常の基準値がありません。分泌量は加齢に伴って徐々に減りますが、その速度や程度も人それぞれです。80代で20代並みの値の人もいれば、その逆もあります。また、ストレスがかかると分泌が低下します。

40、50代は、加齢による減少に加えてストレスも重なるため、男性ホルモンが急に減り始めることがあります。これが男性更年期障害の引き金になると考えられています。

男性ホルモンは生活習慣病にも深くかかわっています。男性ホルモンが減ると内臓脂肪が増加します。たまった内臓脂肪はメタボリックシンドロームのベースになるうえ、活性酸素をふやします。活性酸素による「酸化ストレス」が大きいと、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を引きおこします。

男性ホルモンをふやすには、男性更年期治療で行われているホルモン補充療法が有効ですが、薬をやめれば元に戻ります。男性ホルモンをふやす生活習慣を実践し、「男性力」を回復しましょう。

関連記事

男性ホルモンアップの作用が最大限に生かされるタマネギの食べ方

タマネギをいったんまるごと加熱する 普通にタマネギを食べるだけでは、男性ホルモン増加作用を最大

記事を読む

ホルモンとはなんだろう?

体内で作られて特定の器官に作用する テレビや雑誌でよくとり上げられていて、言葉は知っていても、

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソンにとって必須の脳力ですが、常に

記事を読む

仕事ができる男は女にモテる

”仕事ができる男は女にモテる” これはまさに真理、だれもが認める事実でしょう。

記事を読む

男性ホルモンをふやすポイント

ポイント1 週1~2回はしっかり肉を食べよう 肉類、卵、牛乳、魚介などは男性ホルモンをふやしま

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑