*

男性ホルモンをふやして「男性力」を回復

公開日: : 男性ホルモンをアップ

todarei102

生活習慣病にも深くかかわっている

男性ホルモンには正常の基準値がありません。分泌量は加齢に伴って徐々に減りますが、その速度や程度も人それぞれです。80代で20代並みの値の人もいれば、その逆もあります。また、ストレスがかかると分泌が低下します。

40、50代は、加齢による減少に加えてストレスも重なるため、男性ホルモンが急に減り始めることがあります。これが男性更年期障害の引き金になると考えられています。

男性ホルモンは生活習慣病にも深くかかわっています。男性ホルモンが減ると内臓脂肪が増加します。たまった内臓脂肪はメタボリックシンドロームのベースになるうえ、活性酸素をふやします。活性酸素による「酸化ストレス」が大きいと、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を引きおこします。

男性ホルモンをふやすには、男性更年期治療で行われているホルモン補充療法が有効ですが、薬をやめれば元に戻ります。男性ホルモンをふやす生活習慣を実践し、「男性力」を回復しましょう。

関連記事

男性ホルモンをふやすポイント

ポイント1 週1~2回はしっかり肉を食べよう 肉類、卵、牛乳、魚介などは男性ホルモンをふやしま

記事を読む

朝勃ちしなくなったら精力減退の兆候あり

女性と男性の性ホルモン減退の症状はよく似ています。しかし、男性は女性と違って「精力のおとろえ

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

「男らしさ」をつくる男性ホルモン

いつの間にか不調が始まる 男性ホルモンには主に、①筋肉や骨をつくるなどからだにかかわること、②

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑