*

「男らしさ」をつくる男性ホルモン

公開日: : 男性ホルモンをアップ

tigira21

いつの間にか不調が始まる

男性ホルモンには主に、①筋肉や骨をつくるなどからだにかかわること、②やる気、攻撃性など心や思考にかかわること、③性欲や勃起能力など性にかかわること、の3つの働きがあります。

男性の更年期障害などに詳しい久末伸一先生はこれらの働きを「男性力」と呼び、3つの男性力を保つことが大切、と話します。

たとえば、からだの男性力が低下すると筋肉が減ります。すると代謝が低下して内臓に脂肪がつき、内臓脂肪がたまると男性ホルモンの分泌が減るという悪循環に陥ります。

心の男性力が低下するとやる気がなくなってうつ状態に陥りやすく、性の男性力が低下すると性欲減退や勃起不全(ED)がみられるようになります。こうした心身の不調を、一般に男性更年期障害と呼んでいます。

女性の更年期障害は女性ホルモンの急激な減少でおこりますが、男性は男性ホルモンの減り方が緩やかなため、いつの間にか不調が始まり、だらだらとつづきます。

関連記事

男性ホルモン減少対策の優先順位はストレス、運動、食事

40代が公私ともに最もストレスが多い 普段の生活の過ごし方によっても、ホルモン量は大きく違って

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソンにとって必須の脳力ですが、常に

記事を読む

男性ホルモンはオーケストラの指揮者

50代以降で急激に減少 男性ホルモンは、男性の、男としてのすべての機能の原動力であり、健康全体

記事を読む

生活習慣病の予防には男性ホルモンの維持や増加が重要

男性ホルモンは精神にも大きな影響がある 男性更年期障害というとED(性機能障害)など性的な症状

記事を読む

男性ホルモンは40代から急減し男性更年期障害に

実態や傾向がつかみにくい 帝京大学病院泌尿器科のメンズヘルス外来は「男の人生を応援する診療科」

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑